<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
kurangkan sedikit
c0074067_98651.jpg
kurangkan sedikit!? (チョットおまけしてよん!?)



あまり値切るのは得策ではない。
気前よくお金を払うことは精神的にいい。
       (by スティーブ・チャンドラー)

ものの値段を知るということは、
ものの価値を知るということ。
それを知らずに、
ただ値切ればいいと思っていると、
自分の価値が値切られることになる。

でも、そのやりとり(駆け引き?)はいとをかし003.gif
[PR]
by baik2 | 2013-02-27 21:22 | インドネシア | Comments(4)
222day(猫の日)
c0074067_100157.jpg
祝!全世界・猫の日!!
c0074067_5203625.gif


c0074067_1153987.gif


c0074067_520498.jpg
今日くらいは「大間のマグロ(大トロ)」でパァ~っと068.gifイキたいねぇ~


ネコ布教活動
[PR]
by baik2 | 2013-02-22 02:22 | 天声猫語 | Comments(6)
恩寵(おんちょう)
c0074067_1342141.jpg
命日には間に合わなかったが、過日墓参りをした。
齢四十にしてこの世から去った友人がそこに眠っている。



======(引用)=================================

おのれひとり生きんがために、亡き人々から蒙った恩やら情けやらを忘れてしまえば、
さまざまの形の障りが現れて当然であろう。
たとえば、私は腰痛に悩んでいるけれども、腰痛になるほど座り続けることのできる
肉体を与えてくれた父母に、感謝することを忘れていた。
良い小説を書こうという強い意志は持っているが、私に小説家への道を開いてくれた、
今は亡き編集者のことも忘れかけていた。

霊魂なるものの存在は容易には信じられぬ。
しかし今かくあるおのれが、多くの人々から恩情を蒙ってきたのはたしかで、
にもかかわらず生者に礼をつくしながら死者の恩寵を忘れるということは、もしかしたら
この先の人生を踏みたがえるほど罪深い、大いなる誤りなのではあるまいか、と思った。

---(中略)

はたして霊魂なるものが存在するか否かではなく、おのれの内なる霊魂と対話する
場所が、霊場というものであろうと私たちは悟ったのだった。

---(以下省略)


===========================(恐山へ@浅田次郎著)====


↑引用の「霊場」を「墓前」・「墓参り」に置き換えれば、まさにワタシの心情の代弁、
ドンピシャリである。



忘れない
あなたがそこにいたことを
ずっと
忘れない・・・
[PR]
by baik2 | 2013-02-19 20:36 | ブログ | Comments(0)
大槌みらい新聞
c0074067_19455345.jpg

3月11日以降、本当にたくさんの人を抱き締めた。9.11のテロ、阪神淡路大震災、アチェの津波、四川の地震を、新聞とかテレビで見て、かわいそうだなーって思ってた。でも俺は絶対こうならないぞって、心の中では思ってた。なんて自分は馬鹿だったんだって。もう、モノとか、そんなものじゃない。人とのつながり、これが一番だって、本当に思い知らされた。前はモノや車がステータスだと思ってた。でも、多くの人が苦しんでるのを見たとき、人とのつながりは努力したってお金じゃ買えないんだって思った。3月11日の津波で、価値観が全く変わっちまった。


流された人が笑顔で手を振っていた「ニコーっと笑って、お前もか、って」


c0074067_1949331.jpg

[PR]
by baik2 | 2013-02-08 21:41 | コピペ | Comments(4)
「谷中のら猫ラプソディー」
c0074067_21514324.jpg

c0074067_215257.jpg

※詳しくは => こちら まで






[PR]
by baik2 | 2013-02-05 22:22 | 天声猫語 | Comments(2)
c0074067_21452721.jpg
「つまらん。(※1)お前の話しはつまらん!((※2)大瀧秀治)」

※1(お前= 8)
※2(音が出ます)



[PR]
by baik2 | 2013-02-03 22:22 | ブログ | Comments(2)
タマがんも
c0074067_1826529.gif





c0074067_18271293.gif


♪る~るるるるッるぅ~
[PR]
by baik2 | 2013-02-03 18:30 | 天声猫語 | Comments(0)