<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
布団乾燥機がんも
幾星霜、ワタシのしとねとなり馥郁たる“おやG臭”を醸し続けているMy煎餅布団。
それでもたまには布団乾燥機を当ててやれば、これまた一段格上の麗しい香りを
放つようになるから不思議だ。


で、この布団乾燥機を使うと決まって「がんも」が温風圧で膨らんだ布団の上に
ダイブする。
そして、大層嬉しそうにゴロンゴロンが始まる。

がんもには、忌避すべき臭いを感じるセンサーが欠落しているのだろうか。
それとも、永年それに晒され続けた故の胆力というものか。
はたまた、布団の温もりの方がそれを優越するのだろうか・・・

ニャハハ!
[PR]
by baik2 | 2013-01-29 22:22 | 天声猫語 | Comments(4)
【悲報】中国の「死亡級」毒スモッグが29・30・31日に日本どっぷり包むぞ・・・
c0074067_8495621.gif

http://matome.naver.jp/odai/2135936540312489101?&page=1
[PR]
by baik2 | 2013-01-29 08:49 | コピペ | Comments(2)
東京電力 汚染水濃度下げ海に放出の考え (福島県)
東京電力は、第一原発の中に溜まり続けている汚染水について、濃度を下げる
処理をし、漁業関係者などの同意を得た上で海に放出する考えを明らかにした。

第一原発では、放射性物質で汚染された水が溜まり続けていて、
東電は敷地内のタンクを増設して管理している。

東電は、きのう原子力規制委員会に対し、汚染の濃度を 下げる処理をした上で
海に放出する対策案を説明した。

東電は、漁業関係者などの了解が得られなければ海への放出はしないことを
強調しているが、タンクの増設はいずれ限界に達する可能性があるだけでなく、
敷地内に溜まり続ける汚染水の最終的な処分の方法は見通しが立っていない。

c0074067_21512221.jpg

http://news24.jp/nnn/news8654748.html


汚染の濃度を下げる処理をした上で
          ↓↓↓
 つまり、海水で希釈してから海に捨てr ・・・ (Θ_Θ;)ウーン


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


福島第一原発の港内の魚からキロ25万Bq検出!

最大濃度の汚染魚捕獲
[PR]
by baik2 | 2013-01-26 22:14 | ブログ | Comments(0)
想い出のひとかけら
c0074067_12385419.jpg
紡ぐ想い出のジグソーパズル。

水を張った稲田に吹き渡る風が、水面に無数の縮緬皺をつくる。
遠くから竹風鈴の軽やかで優しい音色が耳に届く。
空を滑り泳ぐ小鳥たちが風の道しるべをおしえてくれた。

テラスでまどろむリリカルなひと時。
汗をかいたグラスのアラックがティルタの味にも似て。

でも、1ピースが見当たらない・・・
[PR]
by baik2 | 2013-01-23 23:16 | インドネシア | Comments(2)
一言がんも
c0074067_2122535.jpg
飼い猫 : 高級猫缶シーバ(お魚+蟹添え)+まぐろ赤身
飼い主 : 昨日の鍋の残りもの(白菜ヨレヨレVer.)・・・Orz
=3

22day
[PR]
by baik2 | 2013-01-22 22:22 | 天声猫語 | Comments(4)
大寒がんも
c0074067_16475987.jpg


おま毛
[PR]
by baik2 | 2013-01-20 16:49 | 天声猫語 | Comments(4)
百箇日法要
c0074067_2237127.jpg
身体髪膚、之を父母に受く(しんたいはっぷ、これをふぼにうく)。
敢て毀傷せざるは、孝の始めなり(あえてきしょうせざるは、こうのはじめなり)。
身を立て道を行い、名を後世に揚げ、もって父母を顕わすは、孝の終りなり



十三経のひとつ 『孝経』の冒頭だそうだ。

髪の一節から身体の隅ずみまで、人間はその全存在を親(先祖)からいただいた。
自分勝手に身体を傷つけてはいけない。それが孝の始めである。
成人し人の道に外れない行ないをし、立身出世をして名を後世に残す、
それが父母の名を高からしむる事になる。これが孝の終わりである。


と、このような意味になるらしい。



c0074067_14275679.gif




先日、父の百箇日の法要、いや、正しくは墓参りをした。



『あれは、病院で父を検査着に着替えさせていた時のこと。
 控え室がとても寒く、順番待ちで検査着一枚の父が小刻みに震えていた。
 冷えた体をさすっていると、その皺々になった手足、シミだらけの体、
 骨の浮き出た肩や胸が目に留まり、なぜか急に目頭が熱くなり涙が滲んだ。
 父には気付かれないよう、屈み込んで足をさすり続けた。

 この時だった。
 「あぁ~私の身体はこの人からいただいたものなのだな」、とハッキリ私は自覚した。
 言葉では言い表せない、内から湧き出でる感情であったからこそ、
 不意に涙がこぼれたのだ。
 これは悲哀ではなく、随喜の涙であったはずだ。』






冒頭にある「孝」とは、その反対語に「不孝」があり、こと親に対しては
「親不孝」となるらしい。


「孝」の始めには首を傾げ、「孝」の終わりも示せなかった親不幸者ですが、
自今生涯、遺された母を護り、家族と共に幸せを念じて暮らしていきます。

墓前に手を合わせ、私は父にこう誓った・・・
[PR]
by baik2 | 2013-01-11 22:30 | ブログ | Comments(6)
追膳喰うよぉ~
c0074067_2138555.gif


c0074067_21381663.jpg
ドンペリ
キター━━━━(゚∀゚)━━━━!!





c0074067_1503112.jpg喪中につき、慎ましやかに新年を向かえ追善供養なりを・・・、と
思ったのも束の間、今年は孫4人とその連れ2人の計6匹6人の孫も実家に集結。
初めこそ淑やかな振る舞いであったものの、酒の力を借りてアッという間にバカ者たち若者たちの化けの皮は剥がれ豹変した。


仏壇の前で位牌が倒れ落ちんばかりに繰り広げる彼らの乱痴気騒ぎぶりは、
まるで安居酒屋で一気飲みを繰り返す学生、もしくはカラオケ店でバカ騒ぎをする
若きリーマン集団かのようだった。

恐れをなしたおやG・おBBたちはテーブルの隅っこに避難。
彼らの咆哮を避けるべく片耳を塞ぎながらチビリチビリと屠蘇を舐めているのでした。





やがてバカ者若者のひとりが酒瓶片手にミスチルを歌い出した。
もう一度言うが、忌明け間もない仏(壇)の前である。

すると、それが許しを得たものと酔いが回った頭で判断したのだろうか?、
ワタシの向かいにいたおやG組のひとり(義理の兄)が『憧れのハワイ航路』を
口ずさみ出したではないか。
もう仏はほっとけの状態である。

傍らに座り、これら一部始終を目の当たりにしていた母の
「お父さんもきっと喜んでいるよ、ウッウッウッ・・・」と、感嘆とも嗚咽とも判断つかぬ
つぶやきは、孫が絶(叫)唱する「innocent world」のサビに掻き消された。




こうして我が家の 『追善供養』 『追膳喰うよぉ~』
夜更けまで続くのでありました・・・










我が父よ。
これがあなたの遺した子孫です。
南無・・・
[PR]
by baik2 | 2013-01-03 19:19 | 食べ物 | Comments(6)