<   2009年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧
Hari Minggu(日曜日)
とある初級・インドネシア語講座に通っていた際、
真っ先に覚え(させられ)たのが<曜日>の表現だった。

当初、教室の中でワタシは何故か講師に目をつけられ、数(bilangan)や曜日を
指名・復唱させられていた。


ある時、先に進んだ授業を中断し、不意打ちにこの講師から
「baik2さん!?、日曜日はナンデスカ?」、と質されたことがあった。


ワタシはしどろもどろになりながらも、
Hari M、M・・・Minggu です、と答えたのが今では懐かしい。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


c0074067_21422793.jpg
ウブドの朝、日曜日。
いつもの通勤・通学の慌しさもなく、のんびりと洗車をしたり、お掃除をしたりの光景。

景色が白っぽく見えるのは、掃き集めたゴミを投棄 側溝で燃やしているからで、
あちこちから立ち上る煙が村全体に広がっているせい・・・。



滞在が長くなると、いつの間にか曜日の感覚が薄くなってくる。
しかし、この日曜日の朝ののどかさを目にする度、金曜日の海軍カレーではないが、
その曜日の感覚を取り戻すことができる。




c0074067_22112599.jpg
道行くバイク。
そのパタパタ音も、日曜日は心なしか穏やかに響く。
[PR]
by baik2 | 2009-11-30 22:51 | インドネシア | Comments(12)
爪痕
台風の爪痕、
津波の爪痕、
甘い爪痕?、などなど
色々な忌まわしい「爪痕」があろうかと思います。

しかし、これこそ真の「爪痕」ではないでしょうか。

爪痕
[PR]
by baik2 | 2009-11-29 17:45 | 天声猫語 | Comments(10)
ワンワン赤わんいん
c0074067_21475116.jpg
「ニャンニャン白にゃいん」はないのかニャ?

[PR]
by baik2 | 2009-11-28 21:53 | 買い物 | Comments(18)
幸せの始まり
c0074067_22275950.jpg
人を愛するよりも
人に愛されるよりも
まず自分を愛せたら
幸せの始まりだと思う

[PR]
by baik2 | 2009-11-27 22:35 | インドネシア | Comments(10)
クルリン・ハウス
c0074067_22173973.jpg
玄関(?)のみならず、他の棟(母屋?)も先っちょがクルリンしてるのが見えます。
バリ仕様とはかけ離れたお宅です。

どんな人が住んでるんだろう?。

ここから出てきて、みんな頭のてっぺんがクルリンしてたら楽しいな♪
[PR]
by baik2 | 2009-11-26 22:32 | インドネシア | Comments(8)
神鷲(ガルーダ)商人
c0074067_2052453.jpg
『昭和33年、インドネシアに対する賠償協定が調印されたのに目を付けた日本商社は、巨額の利益を求め画策する。その翌年、日本を訪れたたインドネシア大統領スカルノは、ナイトクラブで美貌の歌手、根岸直美を見初める。戦後の日本、アジア関係の原点となる賠償に巻き込まれた人間たちのたどる数奇な運命を、壮大なスケールで描く。』




この「根岸直美」とは、あのお方がモデルです。

お薦めしたい一冊(いや二冊か!?)です。
[PR]
by baik2 | 2009-11-25 21:03 | インドネシア | Comments(4)
ネコロジー
c0074067_237271.jpg
しゃがんだワタシを押し倒さんばかりにスリスリしてくるクロ親分。




c0074067_2381668.jpg
その後ろからやってきた子分たち。
鳴き過ぎてか、目頭に目ヤニ焼けの跡が・・・




戯れることもなく
甘えることもなく
優しさにふれることもなく

運命を嘆くこともなく
妬み嫉むこともなく
授けられた命を懸命に生き抜こうとする無垢なたましい




「おしっこが臭い!」
「迷惑だ!」
「猫にエサをやるな!」


一握りの温もりさえも奪い取った人間は
無関心を身に纏い
自分の権利を主張する
[PR]
by baik2 | 2009-11-24 20:59 | 天声猫語 | Comments(6)
防災がんも
c0074067_21534851.jpg

[PR]
by baik2 | 2009-11-23 21:56 | 天声猫語 | Comments(8)
だまし絵がんも
c0074067_21524236.jpg

[PR]
by baik2 | 2009-11-23 21:56 | 天声猫語 | Comments(12)
結婚式
c0074067_219176.jpg
前回のトピに掛ける訳ではありませんが、本日、甥っ子の結婚式に
出席しました。

二人の指輪の交換の際、真っ直ぐに新郎(甥っ子)を見つめる新婦。
その透き通った瞳が、ステンドグラスを通した艶やかな日差しを受け、
虹色に輝いて見えました。



両親への花束贈呈の際、滂沱の涙に咽ぶ花嫁の父。
その父の涙を飛び入りで拭いてあげた92歳の祖母。
そして、その祖母を呼び戻し、膝の上に乗せ泣きながらハグをしていた叔父。

涙あり、笑いありの素晴らしい披露宴でした。




二人の未来は明るい。

二人に幸多からんことを祈ります♪
[PR]
by baik2 | 2009-11-21 21:47 | ブログ | Comments(8)