<   2009年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧
一言がんも
c0074067_21472650.jpg
皆さま、どうぞお気を付けくださいませ。





追伸 : 13年前の今日、8月31日は「がんも」との出会いの日であります。
     当時、瀕死の「がんも」を拾った日なのです。
     お互い永遠の命は無いけれど、生ある限り仲良く暮らそうね、がんも!?。
[PR]
by baik2 | 2009-08-31 21:53 | 天声猫語 | Comments(8)
dapur(ダプール)
c0074067_2002268.jpg
台所 - 【dapur(ダプール)/インドネシア語】
    \ 【paon(パオン)/バリ語(普通語)】


↑は定宿【Suwastika LODGE(スワスティカ・ロッジ)】の台所だが、
『スードラ(sudra)/平民階層』のごく普通の台所仕様。

各戸、敷地内の海側に台所は造られるのだそうだ。



c0074067_20195584.jpg
【晩餐会】

帰国前日、台所でIbuとBapakが腕を揮ってご馳走を作ってくれました。


Bapakは、いつもは全く飲みもしないビンタンをスプリット(スプライト)で割り、
ワタシにつき合ってくれる。


うれしくて、
おいしくて、
楽しくて、

そして、もの悲しくて・・・。




さして辛くもない料理なのに、鼻腔、鼻の奥がツーンとするのです。

いつしか、ビンタンは涙の味にかわるのでした・・・。
[PR]
by baik2 | 2009-08-30 21:01 | インドネシア | Comments(9)
CAFE LULU@テガララン
c0074067_187258.jpg
多くは語らない、語れない・・・




c0074067_1874185.jpg
次はお茶だけにしておこう・・・(_ _ ;)尸マイリマシタ

[PR]
by baik2 | 2009-08-30 18:15 | 食べ物 | Comments(8)
九の字がんも
c0074067_23242455.jpg
各パーツ、どうなってんの?。

[PR]
by baik2 | 2009-08-29 23:25 | 天声猫語 | Comments(12)
影武者
c0074067_15541560.jpgこぼれ玉的?なお話しを一席。

詳しくは、「渡バリ病棟」さんと
* Happy Slow Life *」さんトコでUPされておりますので、そちらをご覧くださいませ。



←お通しと揚げだし豆腐。

背中を丸め、焼酎なんぞをチビチビと・・・。
これがまた、アラックとは一味も二味も違い、喉をチリチリと刺激して、堪えられない旨さ♪


これぞ正統派おやGの、真の姿・原点なのかもしれません。




c0074067_16123632.jpg
大根サラダ&鶏の照り焼き。


ここはバリ。
新橋のガード下辺りで飲み歩いているのとは訳が違います。

DNAに刷り込まれたその記憶が、ワタシを覚醒させるのでしょうか。




・・・うまい♪
とにかく・・・うまい♪



c0074067_16455537.jpg
ほろ酔い加減と、そして心地良く耳に届く虫の音。
時折、田んぼの頭上を通り抜ける風が、稲穂をサワサワと揺さぶる。

ゆったりと流れる時間が、心を和ませます。






c0074067_16351749.jpg小上がり、一番奥から
テーブル席の眺め。




ニャンコも居たのですが、どうやら他ニャンコと諍い中のようで、姿は見えず、その唸り声のみ拝聴(?)致しました。




c0074067_16383168.jpg店内・テーブル席の様子。

開放感溢れ、ウブドの心地良い風が通り抜けます。





c0074067_165133100.jpgウブドを訪れた際には、
一度突入されてみては
いかがでしょうか。
[PR]
by baik2 | 2009-08-28 21:47 | 食べ物 | Comments(16)
タマ 発見♪
c0074067_23291045.gif

[PR]
by baik2 | 2009-08-27 23:30 | 天声猫語 | Comments(6)
jepun
c0074067_23395730.jpg
・ジュプン(バリ語)
・カンボジャ(インドネシア語)
・フランジパニ(英名)
・プルメリア(学名)


c0074067_1604525.jpgアラマンダ(Allamanda)




c0074067_1633854.jpgブッソウゲ(フヨウ属)







c0074067_16102919.jpg

   うつくしいものを
   美しいと思える
   あなたの
   こころが
   うつくしい

        -みつを-

[PR]
by baik2 | 2009-08-26 23:26 | インドネシア | Comments(6)
kikian(キキアン)
c0074067_2228239.jpg
これを身丈辺りの柱に打ちつけ、背中を掻く道具に仕立てた、チャップリンの無声映画を
観たことがある。

でも、かゆみが治まる以前、これなら背中が血だらけになってしまうだろう。





c0074067_22304297.jpg【kikian】
ココナツの果肉おろし器。

日本の大根おろしのようだが、こちらの方が大きめ。

一本一本、針金を板に手打ちして作られている。

一家に一台以上、「paon(パオン)」と呼ばれるバリの台所の必備品だ。
[PR]
by baik2 | 2009-08-25 22:41 | 買い物 | Comments(4)
アートなサンダル
c0074067_22322229.jpg

c0074067_213177.jpg
JL.Dewi Sitaで見かけた、アートなサンダル屋さん。




c0074067_21345875.jpg
ガラス越しなので少しボヤケていますが、ハイビスカスのサンダルには、
なんと花柱まで再現されています。




なんて乙女心をくすぐる(ワタシは乙女ではありませんが(^^;))逸品でしょう。

このサンダルを履いてバリ島を散策すれば、旅行気分もより一層
盛り上がるのではないでしょうか。


改めて、バリ人の器用さに感嘆するばかりです。
[PR]
by baik2 | 2009-08-23 22:01 | 買い物 | Comments(14)
家族愛
c0074067_20574617.jpg

お盆に父・母とワタシの三人で、田舎、親戚めぐりをした。

高齢な父の運転が、特に暗くなると危ないから、という理由で
ワタシが助手に抜擢?されたのだった。


が、結果ワタシは何の役にも立たなかった。
親戚宅で勧められたビールを何の躊躇いもなくグビグビあおり、
挙句、帰路は助手席で高いびきだった始末。
往復とも、一度もハンドルは握らなかった。




後部座席の母は、“こうして三人で親戚めぐりをするのは30年ぶりくらいかしら?”。
“アンタは必ず助手席に座って、外の景色を楽しそうに眺めていたねェ~”、などと
昔話を交えつつ、車中ずっと喋りっぱなしだった。

実際、こんな至近距離で、たくさんの話しをするのは本当に久しぶりだ。

ハンドルを握る父は、都度に“ウム”と相槌をうっていた。




たくさん話しをした。
たくさん笑った。
たくさん食べた。

そして、少しだけ・・・泣いた。



ワタシは父・母、この二人が大好き。
愛しています。

二人の息子でよかった。
二人の間に生まれてきてよかった。

産んでくれてありがとう。



どうもありがとう・・・
[PR]
by baik2 | 2009-08-23 21:04 | ブログ | Comments(6)