<   2008年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
-逢瀬-
c0074067_22413558.jpg
浮遊・シンクロする二つの光。

ほの暗い辺りで、目には何も映りませんでしたが・・・。


バリの精霊が“逢瀬”を楽しんでいるのでしょうか。

[PR]
by baik2 | 2008-05-29 23:28 | インドネシア | Comments(14)
ラムネ進化論
c0074067_20164675.jpgc0074067_2017677.jpg
なんでやねん!?・・・Orz





c0074067_20172497.jpgc0074067_20174185.jpg

なんでやねん!?・・・Orz





c0074067_20175672.jpg

怖くて飲めそうにもありません・・・

[PR]
by baik2 | 2008-05-28 20:39 | 食べ物 | Comments(8)
家族の笑顔
c0074067_2156711.jpg
ありがとう
あなたの笑顔

ありがとう
あなたのぬくもり

ありがとう
あなたの優しいまなざし

ありがとう
いつもそばに居てくれて


ありがとう
君が居るから 僕は生きてゆける

[PR]
by baik2 | 2008-05-25 22:13 | インドネシア | Comments(8)
寺B完バスるのに
c0074067_2323544.jpg
分からなくもない・・・

[PR]
by baik2 | 2008-05-24 23:35 | インドネシア | Comments(14)
バリへ還ろう
c0074067_18554486.jpg
CREA TRAVELLER (クレア トラベラー) 2008年6月号


c0074067_2032343.jpg
別冊はコレ

[PR]
by baik2 | 2008-05-22 23:52 | 買い物 | Comments(10)
マタ旅 5
ねんねこ家での戦利品

c0074067_212169.jpg
c0074067_2121385.jpg







ねんねこ家さんを後に、更に界隈を散策します。

c0074067_21121822.jpgどこかで見たような・・・。

あッ!、ここは偶然にも
kimcafeのB級グルメ旅」のkimcafeさんが訪れていた、レトロなパン屋さんなのでした。


あぁ~、kimcafeさんが紹介されていた「味噌パン」を買えばよかった・・・。




更にその先・・・
c0074067_212138100.jpg
手前まではO・Kだそうです・・・





c0074067_2123671.jpg“ねじねじ”、何だか怪しいモノ飲んでるし・・・






界隈のキッチュな風情に、本来の“マタ旅”という目的も忘れてしまいました。




c0074067_21532467.jpg最後に突入したのがここ、「根津神社」。

明後日にその開催の最終日を迎えるという、“つつじ祭り”で賑わっておりました。




c0074067_9163879.jpg


c0074067_9165740.jpg



そうこうしている内に陽は傾き、酒場のネオンが夕闇に映える時刻となりました。

心地よい疲れと共に、大満足の一日を過ごした“おやG”は、ふらり辺りの赤提灯に
吸い込まれて行くのでした。


またの“マタ旅”、どうぞお楽しみに・・・



                                         -完ー
[PR]
by baik2 | 2008-05-21 22:24 | 天声猫語 | Comments(20)
マタ旅 4
某ブロガーさんのご意見にてアップの画を・・・
c0074067_1615328.jpg
c0074067_16165544.jpg「支那そば」
しっかりとニーズに応えているようです。



[羊チヤン ラーメこ 850-]

      隣りが

[ヤギ ラーメン]に見えて仕方がない・・・。





::::::::マタ旅 4::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



「29セット」に舌鼓を打ち、次なるはいよいよ(漸く?)本日のお目当ての場所へと
移動です。


c0074067_16523920.jpg既に多くの人で賑わっているようです。

手前、駐車された車のナンバーが
「22-22」とかなりの“こだわり”を感じます。



c0074067_16545232.jpgc0074067_1745710.gifねこ注意、なんて看板が掲げられております。



しかし、こんな狭い路地でも地元の車がビュンビュン飛ばしてくるので、「ひと注意」が正解かも♪




c0074067_16555295.jpgここはオリジナル猫グッズのお店ねんねこ家さんなのです。



c0074067_16594376.jpg実はこの日、ここの
ニャンカレー」が目的だったのですが、前述の通り、手前のお寿司屋さんで挫け、目的完遂にはならなかったのであります。



でも、たくさんの「猫モノ」に出会えましたよ。



c0074067_17443345.jpg

c0074067_17444242.jpg


大混雑の店内に突入してみました。
とそこで「本屋さんでは売ってません♪」のポップと共に目にしたある一冊の本。

猫を食べちゃう本!?/星野 みなみ (著)
手に取りその画が視界に入った瞬間、尾骶骨から延髄、そして脳天へ駆け抜ける電流・
電撃を感じたのです。
と同時に全身の力が一気に抜け、その場にへたり込んでしまいました。

ヘラヘラと不気味な薄ら笑いを浮かべるワタシ・・・












c0074067_1835521.jpg
【おいニャリ寿司】     【めタマ焼き】






長くなりました・・・

まだまだまだ「マタ旅」は続きます・・・




gunungpohonさんも小さな“マタ旅”@長野に出掛けられたようです。
[PR]
by baik2 | 2008-05-20 23:17 | 天声猫語 | Comments(8)
マタ旅 3
大盛況な谷中銀座商店街の各々魅惑的なお店の誘惑を振り切り、てくてく散歩を
続けます。


c0074067_21303916.jpg昭和の香りが色濃く残る、懐かしい店構えのラーメン屋さん。

立ち昇る、えもいわれぬ甘美な香りに、思わず店内に吸い込まれそうになります。




c0074067_21365176.jpg“(質)おぢさん”って・・・orz

そのまんま、「UNCLE SHOP」という
英訳が泣かせます・・・。

質流れの“おぢさん” が山盛りで売られているのかしらん!?。




c0074067_21391640.jpgこんなカワイらしい、巡回バスが
運行されています。

この先「10円饅頭」で買い食いをしたり、楽しいマタ旅は続きます。

しかし、あまりの人出でしょうか、猫ちゃんのお姿は見かけません。

この日は本命のランチがあったのですが、腹がへっては云々、沿道のあまりに美味しそうな数々のお店の誘惑に負け、一軒のお寿司屋さんでお昼にしました。





c0074067_21562898.jpg腹もくちくなり、食事処を後にすれば、早速に第四猫を発見。

撮影の御礼に「煮干」の差し入れ。

空かさず、その周りに猫カメラマン小僧の人だかりが出来ます。

よく見れば、その後ろのお宅のガラス窓に、猫の人形が数多く飾られていました。
さすが「猫町」であります。




c0074067_2224552.jpgギャラリー猫町

この日は「猫傘」の展示がありました(全て売約済)。





c0074067_2274898.jpg第五猫発見!。
と思いきや、これは作り物でした。

ペットの写真を持ち込めば、そっくりな人形(猫形?)を作ってくれるのだそうです。





c0074067_22111111.jpgさてさて、この辺でお茶にしましょうか。


猫町カフェ29
29は“ニクキュウ”と読むんだそうです。




c0074067_22194468.jpgその名の通り、ここは
「猫カフェ」。


c0074067_2220486.jpg看板猫ちゃんの熱烈なる歓迎を受けました(ブレブレ)。



c0074067_22203676.jpg29セット。
食べてしまうのが惜しいくらいのニクキュウでした。(笑)




この先、まだまだ「マタ旅」は続きます・・・
[PR]
by baik2 | 2008-05-19 22:34 | 天声猫語 | Comments(10)
マタ旅 2
さてさて、脱力系の看板を後に、歩を進めてみると・・・
c0074067_1122517.jpg
なんだか怪しいお店が・・・



c0074067_1124983.jpgズキューン♪

このオネイさんに一目惚れ(♡♡)


貸衣装屋さんのようですが、こんな衣装を纏ったお方を発見したら、そのまま後を付いていってしまいそうです。






そして・・・
c0074067_1175959.jpg
そのお隣には、TVなどで何度も紹介された有名な激安・衣料店。
¥103-の靴下(決して安かろう悪かろうではありません)

この他、¥399-のTシャツ、¥999-のスプリング・コートなど、
信じられないようなお値段のモノばかり!?。




更にそのお隣は・・・
c0074067_1244198.jpg
ボウズ、今だけ1000yen!!


始まったばかりだというのに、んもう♪これだけで何だか満足感を覚えてしまいそうな
愉快な街であります。







これではいつまでたっても猫に出会えそうにもないので、その本丸、JRの西口に移動
してみましょう。
c0074067_151445.jpg
谷中猫町巡りマップ(クリックで多少・・・)





c0074067_212490.jpg
c0074067_213699.jpg「アトピーもビックリ」というキャッチに惹かれ、パチリ♪。
後で気が付いたのですが、このポスター、店主の似顔絵なんだろうなぁ~。(笑)








c0074067_21004.jpgとここで、ようやく一匹目を発見。

でもご機嫌斜めなのか、
コチラを向いてくれません。





c0074067_212958.jpgその向かい、お店の前で餌を貰い、満腹でお寛ぎ中のお二方。

ここでは地域猫として、餌やりなど大切にされています。

我輩は捨て猫である
   ↑ここの動画は秀逸!。




猫のいる町。
住む人の心のゆとりを感じます。




c0074067_2162478.jpg
ここが谷根千・猫信者巡礼地として名高い「夕焼けだんだん

その昔、右手のマンションが出来る前は日傘が差された猫用の掘っ立て小屋が
林立していたのですが、今や人間様に蹂躙されてしまいました。




果たしてこの先、いったいニャニが待ち受けているのでしょうか?。



つづく・・・
[PR]
by baik2 | 2008-05-18 07:33 | 天声猫語 | Comments(10)
マタ旅
“ぶらり旅”という言葉、そして放映されているTV番組が好きです。
当て所もなく、新たなる発見と出会いを求め、ぶらりとその町を散策するというものです。



猫好きのワタシは「猫」との出会いを求め、ぶらりと町を散策するのが大好きです。

題してマタ旅

そんな「マタ旅」を、GWの半ばに敢行してみました。


都内で「マタ旅」とくればココ、“猫信者のメッカ”と目されている【谷中・根津・千駄木】、
略して【谷根千】と呼ばれている界隈です。







まずはその入り口、古のその頃、誰もが親しんだであろう「駄菓子」、その問屋さん
からのスタートです。
c0074067_1134938.jpg



c0074067_114551.jpg昔懐かしい、駄菓子の数々。

幼き頃夢に見ていた「大人買い」が思う存分できるのです。



c0074067_1163988.jpgお高く感じるのは「まとめ売り」のため。

“たこせん” だなんて、
見ただけで涙が溢れ出てきます。




c0074067_1205546.jpgイカすぜ!

ヤッター!めん




c0074067_123250.jpgおばあちゃんにも孫にも
大人気。

客足が途絶えることはありません。






c0074067_12402.jpgおっと!?、
ルパン三世も御用達のようですね。

その他、所狭しと懐かしの逸品が陳列されております。

心奪われ、ここがスタート地点にもかかわらず、次へ踏み出すことが出来ません・・・(^^;



c0074067_130643.jpg
ここで素朴な疑問です。

何故Uターン禁止なのでしょうか???。










c0074067_1424121.jpgc0074067_1425896.jpg
ようやく「駄菓子」への未練を断ち切り、後ろ髪引かれつつ外に出てみれば、
いきなりこの脱力系の看板。

トンキング
果たして、あなたはこのお店に迷うことなく入店することが出来るでしょうか?(笑)。






~マタ旅~
ただ今 “猫” が一匹も登場していないのですが、激しく次回に

つづく・・・のであります。
[PR]
by baik2 | 2008-05-17 00:27 | 天声猫語 | Comments(12)