<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
『ハロウィーン撮影会』~メイキング・ビデオ~
c0074067_0261083.jpg
「ハロウィーン」とは、キリスト教の『万聖節=11月1日』の前夜祭として10月31日に
行われる行事です。
諸聖人祝日の前夜 “All Hallows Eve” が略されて “Halloween”になったそう。

その由来は、古代ケルト民族間で1年の最後とされていた10月31日に、死者の霊や
魔女が出てきて作物を荒らすと信じられていたことから、秋の収穫を祝い、悪霊を
追い出すお祭りを始めたのがきっかけだそうです。

                                     (タウン誌より抜粋)



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




秋の撮影会』を始めた会場で・・・
c0074067_062427.jpg
当初、衣装・装備が重すぎて、お顔を上げることが出来なかった“がんも”。






c0074067_082660.jpg
気を取り直し、撮影会を続行。

しかし、暫くするとオーバーヒート気味となり、横になってしまいました。


なんだか毎度の展開で、イヤ~な予感がします・・・


































c0074067_0114039.jpg
ヤッパリ・・・このお姿 orz




撮影会、お疲れさまでした♪

[PR]
by baik2 | 2007-10-31 00:20 | 天声猫語 | Comments(8)
HAVANA
c0074067_212891.jpg
スーパー店頭に並んでいた、これは・・・一体なに?。



妖艶な美女たちが刻まれたボトルに、きっとその先に何かがあるんじゃないか(?)と、
淡い期待を男性諸氏に抱かせ、思わずジャケ買いを狙っているかのようなこの商品。




しかし・・・、清貧ではなく、赤貧なワタシはこの単価に慄き、“その先”を夢想するだけで、
この場を後にするのでした。







でも、

でもでも、

でもでもでも、

気になって仕方がない・・・

そこで調べてみました・・・
[PR]
by baik2 | 2007-10-29 22:09 | 食べ物 | Comments(12)
KIRANTI(Sehat Datang Bulan)
c0074067_2318962.jpg
あまりの大きさに(小型消火器位の大きさ)思わずカメラを向けたのは、ホイップ・クリームでありました。




・・・がしかし、本日の主役はそのお隣り。

c0074067_23201270.jpgKIRANTIであります。



特に黄色のSehat Datang Bulanがお薦めのようであります。


何故ゆえに三人称的な発言かと申しますと、実はコレ、「女性用のジャムウ」なのであります。



直訳すると「Sehat(健康な)」 「Datang(来る)」 「Bulan(月)」。

皆さんはもうこれでお分かりですよね!?。



成分は全て自然の植物から。
タマリンド(アッサム)などの天然ハーブがたくさん入っているそうです。
シリーズ3種類あるそうですよ。


気になるお方はググってみてくださいね。
アチコチの書き込みで、マズイけれども・・・・、と絶賛?されているようですよん!?。



ボラさんちで試飲レポがあるボラ♪
[PR]
by baik2 | 2007-10-25 23:50 | 買い物 | Comments(14)
バナナの木
正しくは、表題は「バナナの草」であります。
c0074067_2251421.jpg
「バナナ」は木にではなく、「ショウガ目・バショウ科」の巨大な草に実る作物
なんだそうです。
収穫後は枯れてしまうそうです。

バナナ大革命



改めて見ると、バナナってこんな風に生るのですね。

実の上に付いている「ガク」のような物を集めて作られた、ランプシェードを買ったことが
あります。
「草」から作られたとは思えない、とても強固な作りでした。


しかし、こんな巨大な「草」が民家の庭先でいとも簡単に茂って実を付けてしまうなんて、
バリの底力?を感じます。


日本で、近所の空き地にスーパーで買ったバナナを埋めておけば、こんな風に実を
付けるのかしらん?。
[PR]
by baik2 | 2007-10-23 23:21 | 食べ物 | Comments(10)
ブタコレ2006
今宵「Kesayangan!の“サティアンバーベキュー”」に激しくTバック・ボラ♪




「そんな富士の裾野にそびえ立つ怪しげなサティアン…
一度足を踏み入れたからには抜け出すことは不可能.」

・・・と紹介されている謎のサティアン。

【肉ぅ】や【酒ぇ】の甘い誘惑に、いとも簡単に心奪われ、入信したワタシ。





ひとたび場内に足を踏み入れれば、そこは別天地。

早速に辺りを散策していると、とある会場で「パリコレ」ならぬ「バビコレ」、
いわば「オーとん・クチュール」の発表会が開催されていたのだ。
c0074067_2238937.jpg
ブタコレの寸評をしていると、目に留まったのがこのお(方)ブタ。




c0074067_22412966.jpg
デュロック様



しかし、彼女(?)の瞳に一筋の“憂い”の鈍い光を感じたのは、このブタコレ会場の近くで、入信者たちが繰り広げた【肉ぅ】の饗宴(乱痴気騒ぎ)の声が、彼女(?)の耳に届いたからなのでしょうか。


彼女(?)の発した長い雄たけびは、果たして、入信者たちの胃袋に納まった、同士・
先達へのレクイエム(鎮魂歌)だったのでありましょうか・・・。





牛さんありがとう。
豚さんありがとう。
鶏さんありがとう。

皆さんありがとう。

[PR]
by baik2 | 2007-10-21 23:12 | ブログ | Comments(16)
秋の撮影会
c0074067_22132082.jpg
ハロウィーン用の撮影会がありました。











・・・鏡に映った自分の姿に・・・










c0074067_22174925.jpg
笑い出す“がんも”





















c0074067_2218111.jpg
「・・・・・」


更にその途中・・・
[PR]
by baik2 | 2007-10-18 22:37 | 天声猫語 | Comments(18)
Pura Tirta Empul
c0074067_0363195.jpg
ティルタ・エンプル寺院
ウブドから車で30分程のところにあります。


この寺院の名は「聖なる泉」という意味があるそうです。
創設は962年ということで、とても古い歴史があるようです。




c0074067_038195.jpg
ここで有名なのが「沐浴場」。

霊峰アグンに降り注いだ雨が、幾年もの歳月を経て、ここに湧き出てくるらしい。
バリ島にはマンディ(沐浴)を行う沐浴場が数多ありますが、ここティルタ・エンプル寺院
の水には最も神秘的なパワーが溢れている、と言われているそうです。


しかし、↑リンクの解説にもあるように、観光客が無遠慮に沐浴中の人たちを撮影
する為、今では沐浴をする人は少なくなってしまっているんだそうだ。
(この日、当初場内にはワタシと後から来たこのお二人だけ)


実際この後(入り口にガイドの姿が見える)、アジア系団体観光客(ってワタシも観光客
ですが・・・)が大挙して押し寄せ、ここにお祈り中の人たちが居るのにも係わらず、
場内でワイワイ・ガヤガヤと騒ぎたて、この人たちのお祈りを中断させてしまいました。

さすが温厚なバリ人が、腹を立てるのも無理からぬ事であります。


ワタシはタイミングを計り、そぉ~ッとこの場を後にしました。






「郷に入っては郷に従え」

「固まり」「団体」になると、人間見えなくなるものがあるようです・・・。

自戒を込め、我が身を振り返った一日なのでありました。
[PR]
by baik2 | 2007-10-17 00:32 | 芸能・伝統 | Comments(14)
豪徳寺
c0074067_029846.jpg
好猫家?の総本山(笑)、「豪徳寺」にお参りしてきました。



c0074067_046292.jpg
奉納用の「招福猫児(まねぎねこ)」は、ここ山﨑商店でも買うことが出来ます。

豪徳寺・総門脇で営業中。




c0074067_0273881.jpgあちらこちらに「招福猫児」が奉られております。






c0074067_0383181.jpgここが奉納所。
それにしてもすごい数の
「招福猫児」です。





c0074067_049546.jpg「絵馬」ならぬ「絵猫」の数々。

さぞや多くの方々の
“願い”を叶えたものかと
思われます。







残念ながらこの日は “生・招福猫児” にお会いすることが出来ませんでした。

なので祈願成就にと「招福猫児」を直々にお招きしてみました。







c0074067_103248.jpg
W招福猫児

こりゃぁ~何やら素晴らしいご利益がありそうな ♡ヨ・カ・ン♪

[PR]
by baik2 | 2007-10-14 00:28 | 天声猫語 | Comments(14)
2002'10.12
c0074067_144142100.jpg
バリ島爆弾テロ事件




c0074067_14424347.jpg
犠牲者202人
日本人お二人がいたことをワタシは忘れはしない・・・

[PR]
by baik2 | 2007-10-12 00:01 | インドネシア | Comments(6)
一目惚れ
c0074067_148182.jpg
ある事がきっかけで親しくなった“AYUとその家族”。

この瞳に見つめられ、オジサンはもぅ~イチコロ・・・♪一目惚れ。




c0074067_14103994.jpg
自宅から幼稚園に出掛ける支度中のAYU。

この格好で、パパさんの操るバイクの前席にチョコンと座り、正面から見ればあたかも
AYUが運転しているかのように颯爽と走り出した。


んもぅ~可愛すぎ!!。



このままブンコス(お持ち帰り)したい、と真剣に思った瞬間なのでした。
[PR]
by baik2 | 2007-10-11 14:27 | インドネシア | Comments(6)