<   2007年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
プルナマ(満月)
バリでは「サカ暦」「ウク暦」「太陽暦」などが共存しています。

その内、「サカ暦」は月の満ち欠けによって暦が刻まれる「太陰暦」のこと。

新月が「tilem(ティルム)」で満月が「pernama(プ(ペ)ルナマ)」というらしい。



c0074067_239656.jpg
この日は満月。
バリでは満月・新月は特別な日で、様々な儀礼や祭礼が執り行われます。




c0074067_2315474.jpg小学生も正装をして登校します。





c0074067_23153231.jpg手にはそれぞれお供え物を持っての登校です。

この後、校庭でお祈りが捧げられるのです。







そして6月1日は満月です。

バリではこんな風景で朝を迎えるのでしょうね!?。

本日のbahasa INDONESIA
[PR]
by baik2 | 2007-05-31 23:28 | 芸能・伝統 | Comments(8)
530
日本全国(?)、本日は「530(ゴミゼロ)の日」ですよね!?。

普段キチンと分別して、ゴミを出していますか?。


ところで皆さんのお住まいの地域では、「燃えるゴミ」でしょうか?。
それとも「燃やすゴミ」でしょうか?。

つい最近、地域によってその呼び名が違うことを知りました。

そして、今やオタクの街として知られるアキバでは「萌えるゴミ」、
なぁ~んてのもあるんだそうですね。(笑)




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0074067_22104774.jpg
これはウブドで見かけた、バンジャール(町内会)で使うお掃除三大用具です。
バリ人はホントにきれい好きなのです。

小学生は皆“my竹箒”を所持して登校、朝一に学校周りをきれいに掃き掃除をしている
姿をよく見かけます。

お祈りの前は、この掃き掃除とマンディ(沐浴)は欠かすことが出来ないのです。




しかし、そのきれいさ加減(美的意識)は半径5m四方に限られております。

それは、その掃き溜めたゴミをみ~んな脇のドブや川に捨ててしまうからなのです。

そして、時に豪雨(スコール)がそのゴミをみ~んな下流に押し流してしまいます。

その下流の人々は、また同じ動作を繰り返すのです。

そのまた下流の人々も・・・。

かくして、家の周りは順次きれいに片付くというシステムなのです(笑)。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0074067_22211155.jpg街角のこんなゴミ箱の設置は、数年前には全く見られませんでした。

外国からの移住者が、ゴミに対する啓蒙活動を行っていると聞いたことがあります。

大変すばらしい事だと思いますが、ここにわざわざゴミを投函する地元人は少ないように思います。








c0074067_22495347.jpgカラフルなゴミ収集車も走るようになりました。





c0074067_22504216.jpgKesayangan!」のボラさんのトコにも記事があります。


この仕事は島外の方たちが出稼ぎで従事していることが多いんだそうです。





朝の散歩時に、彼らが黙々とその作業をしている姿を見かけると、前夜ワタシが食べ残したモノが散らかってやしないか、ハラハラと心配になりました。


観光客が出すゴミが一番多いんだそうです。

ハチドリのひとしずく」ではありませんが、“いま、私にできること”、そう!オーダーした「ナシ・ゴレンとアヤム・ゴレンとイカン・ペペスとチャプチャイとコロケとビンタン2本
はゴミとならぬよう、残さず胃袋に納めよう と心に決めたのでした。



そんな「530(ゴミゼロ)の日」なのであります。
[PR]
by baik2 | 2007-05-30 23:38 | インドネシア | Comments(6)
ピラタ霊とピタラ霊
ある日、定宿のあるトゥブサヤ村で、お葬式が執り行われた。
c0074067_18205184.jpg




c0074067_18211082.jpg
土の中で暫く順番待ちをしていたご先祖さま(ピラタ霊=未浄化の危険な死霊。プラ・ダレムはこのピラタ霊を慰める為にある)と、この数日前、ノーヘルでバイクを運転中に事故に遭遇した若い母親との共同葬儀とのことである。



本来、バリ人にとって葬式はその浄化を行うオメデタイ儀式なのであろうが、この時
ばかりは「若いお母さん」の葬式ということもあってか、目を赤く腫らした参列者が数多く
いらっしゃいました。






c0074067_18403461.jpgいつ始まるともしれない葬式の開始を待つ村人たち。

施主?の関係者以外、村人はみな楽しそう・・・。









c0074067_18442421.jpg頭が象?、身体が魚?のハリボテ。

これで“あの世”と“この世”を行き来するのだろうか?。





浄化された母親の霊ピタラ霊=火葬後の浄化霊。儀礼により再生され、子孫の体内に戻ることができる。ガルンガンなどで人々が迎えるのがこのピタラ霊)が、子孫の元で無事に再生されますように・・・


Om Swastyastu.(どうぞ神の御加護がありますように)

Om Shanti Shanti Shanti Om.(お祈りの結びの言葉)
[PR]
by baik2 | 2007-05-29 21:23 | 芸能・伝統 | Comments(8)
優しい心
いま部屋に7人の人がいます。
イスは5つあります。
さて何人の人が座れるでしょうか?。






・・・5人!

・・・5人!?

・・・5人!!


・・・7人!!
  座れない人がかわいそうだから、みんなが順番で座れば7人全員が座れるよ!?



ある幼稚園で、数の学習の時間にこう答えた子供がいたそうです。






現代人は、生産性・ノルマ・成果etcのみを追求し、時間を追い、時間に追われた
生活を続けた結果、いつしか互いに無関心な関係に陥ってはいないだろうか。


子をゴミ袋に入れ捨てる親。
親を簡単に殺める子供。

電車内で女性が乱暴されているにも係わらず、知らぬふりをする他の乗客。
「自動車(高級車)を買ったから・・・」と保育費を払わない親。


こんな殺伐たるニュースばかり流れるこの頃において、「7人全員が座れる」とした
“人を思いやる”子供のこの言葉が、やけに心に響きました。

その無垢な“優しい心”を失わないでいて欲しいと思います。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



c0074067_1351424.jpgあッ!ネコ発見!!。
ウブドでの日課、朝散歩時の楽しみのひとつ。

発見の都度、舌先で「チッチッチッ」などと呼んでみて、暫しのお戯れを楽しむ。





c0074067_1511619.jpg
おじさぁ~ん!?ネコが好きなの?。

もっと近くで撮れば!?。

もっとよく見せてあげるね!?。

ほらッ!?。




家の奥からこの子のお姉ちゃんまで出てきて、ワタシの為にネコを抱えてくれた。

屈託のない笑顔。
キラキラ輝く瞳。

純真無垢なその心持ちに、朝の爽やかな空気と相まって、この汚れたおじさんの
「こころ」は、清らかに浄化されたのでありました。




ありがとう!お嬢ちゃん!!




でもネコにはチト迷惑な事だったかもしれないねェ~・・・

本日の香るおじさん
[PR]
by baik2 | 2007-05-27 18:46 | 天声猫語 | Comments(10)
マウス症候群
c0074067_16255989.jpg
職業病
マウス症候群にをつけろ!!



身体の不調は、右手親指人差し指が原因だった!!


小学館 DIME>

そこで・・・
[PR]
by baik2 | 2007-05-25 16:34 | 天声猫語 | Comments(6)
HELLO KT
とあるインドネシアの新聞(WEB版)を読んでいると、その見出しにこうあった。

「海賊版使用率は85% インドネシアのソフト 世界ワースト5を脱出」


本文は有料で読むことができるのだが、この先の有料版の契約はしていない。

なのでこの少ない「見出し」の語彙から、その本文を推理するしかない。




「海賊版の使用率が85%」もあるのに、その程度は「世界ワースト5」を脱出した、
と解読するのが正解だろうか?。

それとも「インドネシア版」は15%が純正品であり、「世界のワースト5」を脱出した、
とするのが正しいのでしょうか?。


いずれにせよ、「オリジナル」というものの存在を全く意識しない「紛い品」が数多く
この世に出回っていることに違いはないようです。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
c0074067_224395.jpg
ごく当たり前にバリ島のスーパーで売られていた“アレ”。




c0074067_2274495.jpg正札が掲げられているので確認すると・・・

HELLO KT]とある。

どうやら確信的な行いのようだ!。





c0074067_22103486.jpg一方、左側の「アレ」を確認するが、残念ながら足に隠れて正札は確認できない。


しかしながら、この「デベソ」みたいなモノは何なのでしょう?。

もし、コレアレだとすると、ソレにはこんな「デベソ」が付いていたんだろうか?。




ヒョットすると、これが残る15%の「インドネシア・オリジナル」なので
ありましょうか?。

本日の正規品
[PR]
by baik2 | 2007-05-23 22:41 | インドネシア | Comments(12)
~竹が奏でる音 コンサート情報・活動予定~
リンク先の「竹楽器アンクルン」さんのトコで「竹が奏でる音 インダ・プトゥリ / ASSM」の
コンサート情報がありました。

詳しくは↓をどうぞ(^^/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今月末、7月、8月、9月とこれから次々にコンサートがあります。
どのコンサートもとても楽しみなコンサートで、全力投球します。

会場の兵庫県立芸術文化センターは梅田からも10分と便利なところにあります。
皆様ぜひアンクルンが奏でる名曲の数々を聴きにきてくださあ~い!

チケット発売は6月1日からですのでお忘れなく!!!
一般¥3000 学生(高校生まで)¥1000 未就学児の入場はできません。
チケット取り扱いは
office遊音企画(電話又はメールで申し込み)・・チケットをご自宅まで郵送します。
又はホールチケットオフィスで購入できます。
詳しくはこちら
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by baik2 | 2007-05-22 18:44 | ブログ | Comments(2)
あなたの娘を隠しなさい
c0074067_20551479.jpg
海外旅行の楽しみの一つに、やはりお買物は外せないでしょう・・・。

ご多分に漏れず、お買物が大好きなワタシ達。
・・・といってもいつもは見るだけ、若しくは2~300円程度のTシャツなんぞを物色する
のが精々ですが・・・。



この日はデンパサールのお馴染み、「マタハリ・デパート」に潜入してみました。

日本製の漢字入りTシャツは、定宿のバパや息子に喜ばれる為、「お土産」と称して、
脱ぎ捨てて渡しておりましたので、本日は安物のTシャツを探しに来たのです。



店内にはワタシの期待通り、心そそる品々が溢れておりました。
中でもこの紅白のTシャツは一発で気に入りました。

c0074067_21173988.jpgc0074067_21175676.jpg








何故って・・・







笑ってしまい、手ぶれでお見苦しいのですが・・・
c0074067_21193954.jpgまったく意味不明!?。




c0074067_2120986.jpgもっと意味不明ですからァ~!。




これを買わずして、素通りは出来ません・・・。





しかし、残念なことにこの貴重な?Tシャツ、一回のランドリーで見事「SSサイズ」に
変身してしまったのでした。

勇気を持って、せっかく買ったのにィ~・・・(泣)。




~追伸~
最近は袖口にハンガーを通し、斜めにディスプレーするのが流行のようであります。
c0074067_21273511.jpg


本日のmade in China
[PR]
by baik2 | 2007-05-21 21:56 | 買い物 | Comments(24)
カフェ・アルマ
ウブドにある「ARMA美術館」。
観光名所として超有名な美術館であります。

c0074067_22502477.jpg「Agung Rai」氏が、海外に流失したバリの絵画を取り戻すために興した私設の美術館なんだそうです。

その名は「Agung Rai Museum of Art」の略らしい。

併設されたホテルやカフェは、その活動資金を得るためのものなんだそうです。




敷地内には・・・
c0074067_22465149.jpg

c0074067_22474864.jpgコモド・ドラゴンが放し飼いになっております・・・。







そして敷地内の奥まったところにあるのが、「カフェ・アルマ」&「ワルン・コピ」であります。

c0074067_22555769.jpg


c0074067_22562695.jpg


c0074067_22574031.jpgこんな東屋もあり、美術館鑑賞後の一服に最適であります。

道路より離れているので、大変静かな一角です。





芸能・芸術の村、バリ島・ウブド。
美術館廻りのその後に、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
(もちろんお茶だけでもO・Kですよ!?)

本日のbahasa INDONESIA
[PR]
by baik2 | 2007-05-19 23:06 | 食べ物 | Comments(24)
ネコのいる風景
c0074067_21245674.jpg
潮風はやさしく髪を撫で
潮騒はやわらかな子守唄にかわります

大きな太陽が真上を少し過ぎる頃
みな 暫しのうたた寝を楽しみます


c0074067_2128179.jpg
ネコのいる風景

茹であがった海の向こうには「ヌサ・ペニダ」の霞む島影

拒むものもなく 遮るものもない 
ゆっくりと そして ゆったりと幸せな“時”は流れます


大好きなバリ島の ひとコマです・・・

ネコのいる風景2
[PR]
by baik2 | 2007-05-16 22:19 | インドネシア | Comments(14)