<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ウブドな時々
バリは今雨季だそうです。
今日は降りませんでしたが、毎夕刻決まったように強い雨があります。

埃や排ガスにまみれた村々が、その雨粒によりきれいに洗い流され、それぞれ
また目に鮮やかな原色を取り戻します。



本日、クタを抜け、スミニャックまで足を伸ばしました。
洗練された街は目を瞠るものがあります。

ウブドから来たと言うと、皆一様にさげすんだ視線を投げかけてきます。
(身なりが汚いからかもしれませんが(笑))
「満面の笑み」というものに出会える機会も、心なしか少ないように
感じました。



やっぱりワタシはウブドが好きです。
大好きなこの村から、もう少し心の細胞が喜ぶパワーを頂いて帰りたいと
思います。


今宵のウブドは気圧される程の満天の星で輝いております。
[PR]
by baik2 | 2007-01-25 23:10 | インドネシア | Comments(16)
いま、会いにゆきます♪
c0074067_21353069.gif
       ありがとうございます!ガルーダ・インドネシア航空さまぁ~


ということで(?)、20日から半年ぶりに渡バリして参ります。


Myノートが不調の為、現地でのリアルタイムな更新は難しいかもしれません。
テキストだけでも出来うる限りUPし、皆さまにバリ島の「今」をお伝え出来れば、
と思っております。

毎度おバカな二人旅。
どんなことになりますことやら・・・(笑)。


♪いま、会いにゆきます~Bapak~Ibu~
[PR]
by baik2 | 2007-01-19 00:03 | インドネシア | Comments(24)
TV番組表
■1月20日(土) テレビ朝日 18:30~

    「ポカポカ地球家族」インドネシア・バリ
              バリのご主人と日本人奥様

  http://www.tv-asahi.co.jp/chikyukazoku/



■1月20日(土) TBS 21:00~

    「世界ふしぎ発見!」謎の大伽藍・ボロブドゥール
        ~ピラミッド寺院は海を越えた~

  http://www.tbs.co.jp/f-hakken/info.html


  
[PR]
by baik2 | 2007-01-18 00:02 | ブログ | Comments(2)
GFF
ついに、というかヤットデタマン、「ガルーダ・インドネシア航空のマイレージカード」。
c0074067_1973720.jpg
その名も「GFF(ガルーダ・フリークエント・フライヤー)」
なんか天ぷら揚げる機械のような名前・・・。(笑)



c0074067_1994951.jpg
さすがインドネシアの航空会社。
会員申込書の職業選択欄に<軍人>があったり、<宗教>の選択記入欄があったり、
はたまた月収の記入は<Rp(円)>ですから・・・!。

イカシテルぅ~!!


でもこれでワールドパークス脱退・・・、な~んて事にならなければ良いんですが・・・。


現時点はオンライン会員のみの先行案内のようです。
プログラム詳細(日本語サイト)は近々発表の予定だそうですよ~ん。
[PR]
by baik2 | 2007-01-17 12:45 | インドネシア | Comments(10)
~草葉の陰~
バリ人にとって、葬式は人生最大のイベントだ。
c0074067_0214066.jpg
ハリボテの足元、竹組みの中に遺体(骨)はあります。



遺体(骨)は火葬され、その灰は海へと流される。
c0074067_022975.jpg



しかし、その葬儀には莫大なお金が掛かるらしい。

その資金が賄えない人は、その家族が葬儀費を調達する(貯める)まで、土の中で
“その日”が来るのを、時には幾年も待たなくてはならない。

c0074067_1051946.jpg
土の盛り上がりが分かりますか?。
待機中のお方たちだそうです。
“その日”が来ればここから掘り返され、火葬にされるんだそうです。


草葉に覆われ、まさにこれが「草葉の陰」なんでしょうか。

“その日”はまだまだ先のようであります・・・
[PR]
by baik2 | 2007-01-16 00:27 | インドネシア | Comments(2)
「全国一斉!日本語テスト」
竹が奏でる音(竹楽器アンクルン)さんトコで発見。

Tバック?のTバックさせて頂きました。


「全国一斉!日本語テスト」です。

因みにワタシは・・・平均点以・・・下でした (TヘT)
[PR]
by baik2 | 2007-01-15 00:01 | ブログ | Comments(16)
♪脱いじゃった♡
とあるイベントの帰り、そのまま脱いでいってしまったそうです・・・。

その後はどんな格好だったのかしらん?。

あられもない姿・・・
[PR]
by baik2 | 2007-01-14 11:40 | インドネシア | Comments(10)
~定宿~【Suwastika LODGE】
いつもお世話になっているubudの定宿、「スワスティカ」。
c0074067_21494360.jpg


心優しい一家に迎えられ、滞在中は本当に素晴らしい時を過ごすことができる。



c0074067_2154230.jpgここのBapak、「イ・グスティ」。
家族想いで、本当に優しいBapakなのだ。


ある時、帰国を目前にしたワタシに、お土産と称して庭に生るマンゴやパパイヤを山ほど収穫し、手渡してくれた事がありました。

そのまま日本に持ち帰ることは出来ないのですが、その気持ちを“無”にすることが出来ず、そっと一つづつスーツケースに忍ばせて持ち帰ったことがありました。


帰国後に食べたフルーツは、ほんのりubudの香りがするのでした。



そんなbapakはリンディックの名手。(←※ポコポコと音が出ます)

お家の二階にこのリンディックが二台置いてあり、宿泊客はなんと“無料”で、しかも
“時間無制限”で教えて貰うことが出来るのです。

この授業?を目的に、また踊りを習いに来たついでに立ち寄ったりと、リピーターさんが
幾人もやってきます。
ここで結婚式を挙げた日本人女性も居るんだそうです。



c0074067_22265877.jpgBapakご自慢のビンテージ・バイク。
もう20年は乗り続けているとのこと。

ワタシには絶対乗らせてくれません!。(笑)




c0074067_22295927.jpg
フレンドリーで、とても優しい「Suwastika」の家族。

ubudにお出向きの際、一度訪ねられては如何でしょうか?。

きっと満面の笑みを浮べ、家族総出であなたを温かく迎え入れてくれることでしょう。


c0074067_22554188.jpg

【Suwastika LODGE】
住所:TEBESAYA ⑨ UBUD.BALI
電話:0361-970215
※ホットシャワー
※空港までの送迎あり(有料)
[PR]
by baik2 | 2007-01-10 22:59 | インドネシア | Comments(18)
犬も食わない
チョットしたことで “諍い” は発生します。

ほんの些細なことから、ほんの瑣末なことから “コト” は勃発します。

数日前、我が家は交戦状態にありました。



平和が一番です。

今があるのも、みな相方のお蔭です。

感謝を忘れてはイケマセン。



でも・・・その時は頭に血が上ります。

ほんとコレがあれば、とその時は思いました。





実は今でも少し・・・ホシイカモシレマセン

コレ
[PR]
by baik2 | 2007-01-08 23:31 | ブログ | Comments(18)
~UPACARA NGABEN(お葬式)~
c0074067_19572547.jpg
ここはウブドから東、ギャニャールの街から真南に下った海岸、「パンタイ・レビ」。
遠くに「プニダ島」を一望することが出来る漁師の村だ。

ここから見上げる夜空はまた格別で、満天の星・・・そう夜空のビンタン(星)と
地上のビンタン(ビール)を求め、よくこの海岸にやってきます。

ある時、地上のビンタンに舌鼓を打っていると、いつの間にかバイパスのその先から
人々が集まり始め、アッという間に海岸が人で埋まり、ウパチャラが始まりました。

といっても、もう既に火葬は済んでいるようで、この時は「灰を海に流す」儀式の
ようでした。


火葬の場面は幾度となく見かけたが、その先、灰を海に流すところを見るのは
初めてなのです。


c0074067_20365676.jpg
粛々とお祈りが続きます。
その脇でワンコもお祈り・・・、と思いきや大イビキなのでした。



c0074067_20395370.jpg
小一時間お祈りが続いたでしょうか、その瞬間は突然に訪れました。
(暗闇の海岸なので画像が不鮮明です。判別出来ますでしょうか?)

灰の入ったハリボテ(バデ塔)を抱えた数人の人たちが海に入ります。

そしてハリボテを波間に投げ捨てました。

そしてそして、波に打ち戻されたハリボテを蹴り上げ、バラバラにしております。

まるで集団リンチのようであります。



幕はあっけなく下ろされました。

バンジャールの人々はてんでバラバラに引き上げます。

もっと荘厳なイメージを抱いておりましたが、これで終わりだそうです。





日本では「土に返る(還る)」という言葉があります。
バリ・ヒンドゥーの葬儀は「自然に返す(還す)」という考えで、人の体は燃やして
しまえば自然物に戻り、「宇宙の根源から来たものはその根源に戻してやる」という
ことのようです。

また、死は生の終わりではなく、死は生の始まりなんだそうです。




・・・海に流したあの時の灰。
宇宙を廻り、今頃は新しい命として、どこかの家庭で産声を上げているのでしょうか・・・
[PR]
by baik2 | 2007-01-07 21:41 | 芸能・伝統 | Comments(10)