<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
~違法ナンバー?~
今回発見した、何やら不思議、イヤ怪しいものはコチラ↓。

c0074067_21322115.jpg

なぁ~んかコレ、クルマ&バイクのナンバー・プレートのように見える・・・。

まさか街中で堂々と不正ナンバーを販売してるんじゃ?。

バリ島の車庫飛ばしか?。

それとも犯罪用の隠しプレートか?。


c0074067_21345738.jpg
店番をしていたイレズミ強面の男性に話しを訊いてみた・・・。


このお店は正規ナンバーからオリジナル・ナンバープレートを作製するお店で、
決して不正ナンバーを増産?するところではないとのこと。

インドネシアのナンバープレートはダサいので、車やバイクに似合ったナンバーを
オーダーメイドで販売するらしい・・・。

そういえば一頃流行った韓国製の「KYMCO」というバイク。
ほとんどの人が正規の横長ナンバーではなく、この四角形のナンバーを
つけていたっけ・・・。


イレズミ強面男の説明に、一応納得はしたものの、公道を走る車やバイクに、
街中の売店で勝手にナンバー・プレートをつけちゃって、ホントにいいのかしらん?。
[PR]
by baik2 | 2006-11-29 21:52 | インドネシア | Comments(8)
~YAHOO! cafe~
先日、某地下鉄車内で、立ったままコンビニのスパゲティを食べている女性を
見かけました。

驚きと蔑みの目を向けましたが、フトここで疑問が湧きました。

電車内で食べ物を食べるのってイケナイこと?」と・・・。


駅弁も売ってるし、カートで「冷凍みかん」や「バタピーと柿の種」、ニオイが充満して
迷惑なサラミなんかも売ってる電車もあるし・・・。
電車内で堂々と食べてますよね・・・皆さん。

暗黙に“食べていい電車”・“ダメな電車”というのがあるのでしょうか?。
それともそんな線引きは端から無いのでしょうか?。

皆さまはどのように思われますか?。



━━━━ 閑話休題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、皆さまは海外渡航の際、空港へはどれくらい前に到着してますか?。

エア-にもよると思いますが、ワタシたちは大体2時間程前に空港に入ります。

身なりをキチンとし(笑)、それ以上前にチェックインすれば、エコノミーでも
ジャンプシート対面席等へのリクエストがO・Kな場合もあります。


早くに到着し、免税店でブランド品のお買物、優雅なブランチ、ブランデー片手に
VIPルームで寛ぎながら搭乗を待つ・・・

なぁ~んて全く無縁なワタシたちの御用達はコチラです。
c0074067_11323575.jpg売店で買った「お~いお茶」を片手にWEBチェックです。

入り口でパスポートN.oを告げ、USBキーを受け取ります。
もちろん無料です。



c0074067_11332736.jpg行き当たりバッ旅ながらも、現地情報を仕入れ万全?を期します。



c0074067_11373478.jpgお外の飛行機なんぞも眺められて、気分は盛り上がります。


成田空港をご利用の際(ごめんなさい。他空港は不知です)渡航前のメールチェックなどにお立ち寄りされては如何でしょうか。
[PR]
by baik2 | 2006-11-28 11:59 | ブログ | Comments(18)
~TV・イベント情報~
━□イベント□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■12月4日(月)14:00~ 日本アセアンセンター常設展示場(東京・銀座)
    
    「インドネシア舞踊がやってくる!」(入場無料)
        
    バリダンスをはじめとした、インドネシア各地の舞踊を披露します。
    解説もついて、理解度200%!!

    演目:
      1.BLANTEK    ブランテック  (ジャカルタの踊り)
      2.TARI PIRING  タリピリン   (西スマトラの踊り)
      3.TARUNAJAYA タルナジャヤ (バリの踊り)
      4.PUNJARI     プンジャリ  (東ジャワの踊り)


━□テレビ□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■12月5日(火) 23:00~23:29 NHK総合
    「ドキュメント72時間 」埼玉・戸田~ムスリム街のラマダン明け
              

    エッ!えぇ~~ッ!? 埼玉・戸田って・・・ w(◎o◎)w

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□end□━━
[PR]
by baik2 | 2006-11-27 00:33 | ブログ | Comments(6)
~招き猫~
c0074067_233158.jpgとあるお土産屋さんの前で・・・





c0074067_2335634.jpg一匹の“招き猫”を見つけました・・・





c0074067_2344497.jpg呼べばヨチヨチとやってきて・・・





c0074067_2351888.jpgゴニョゴニョしたりしました・・・





c0074067_236259.jpg立ち上がり、カバンの匂いをクンクン・・・





c0074067_2373188.jpg(あッ!)そして・・・
カミサンの足の匂いを嗅いだ途端・・・





c0074067_2382844.jpg一目散に逃げ出したのです・・・














・・・とんだ災難を “招く猫” なのでした!?
[PR]
by baik2 | 2006-11-23 23:38 | 天声猫語 | Comments(12)
~憧れのbebek bengil~
c0074067_2254941.jpg
               何やら変なオッサンが旗持ってます。
               話しかけてもなんも返事をしません・・・。




c0074067_228655.jpgこのオッサン、どの角度から見てもコッチを見てるんです。

“いないないバァ~ッ!”をしましたが、ヤッパこっちを見ています。

おや?、ワタシは少し変・・・?




そう・・・あれは確か・・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そのウワサは、風の便りに聞きつけておりました。

ウブドで一・二を争う、観光コースとして有名なレストランのこと・・・。

そしてそのメニューに提供されているという、ある謎の飲みの物のこと・・・。



一たびその謎の飲み物を口にすると・・・

ある者は狂喜乱舞し、
またある者は幻覚を覚え、
そしてまたある者は店内の池にザブザブ落ちるという・・・





そう!、その名もDRANKEN DUCKなのであります。


今回は財務省(カミサン)の許可を頂き、恋焦がれていたその「呑み助アヒル」とやらを
やっつけに、ここ~bebek bengil~に突入したのであります。



昼間というのにも係わらず(というより“ディナー”は高すぎてお許しが出ない(泣))、
その一点を、ただただその一点を目指してやって来たのであります。


期待に胸が膨らみすぎて・・・
c0074067_2232396.jpgこんなオネイサンがオーダーを取りに来ただけで
狂喜乱舞し・・・




c0074067_2234256.jpg実物が出てきただけで、ワタシは幻覚を覚えてしまったのです。

後はこのまま素直に池に落ちるだけです・・・。




このお酒、「アラック」と「ウオッカ」のようなお酒?のチャンプルーで、小切りのライムが
沢山浮んでます。
飲み口が大変まろやかで、いくらでも飲めてしまいそうな感じです。

がしかし、それに惑わされてはいけません。
この「呑み助アヒル」のアルコール度数は泡盛にも匹敵するらしいのです。
ガブ飲みすれば命は無いかもしれません。


半分ほど飲んだところでワタシは気分が良くなり、ひとり席を立ち上がり、冒頭の
「石のオッサン」に話しかけていたようです・・・。


恐るべし! “DRANKEN DUCK”!





でももっと恐ろしかったのは・・・
c0074067_2343081.jpg


c0074067_2355738.jpg一杯Rp.26,000-の請求書なのであります。


危うく ”ザブザブ!” ッと池に落ちるところでありました・・・
[PR]
by baik2 | 2006-11-22 23:16 | 食べ物 | Comments(19)
~空飛ぶカメ~
ウブドの村を散策していると、いろんなモノに出くわします。


ある日の午後、村の細い路地裏で“フト”上を見上げたら、なんとガメラが空を
飛んでいました。


c0074067_1635541.jpg



                     

c0074067_16382046.jpgよく見ればこれは街灯の笠だったのです。

でも、全く手は抜いていないリアルな作りです。

村の当番制なのでしょうか?。
その昔、日本の下町にもあったように、誰かが電灯を点けていきました。



空気はゆっくりと流れ、人々は長閑な時を過ごします。
間もなく陽も傾き、この辺りも薄暗くなることでしょう・・・。



こんな些細なところにも、それがまるで“芸術”であるかのように感じる
「ウブド村」の“一コマ”なのであります・・・
[PR]
by baik2 | 2006-11-20 17:30 | 芸能・伝統 | Comments(14)
~Sanur-Kusambaバイパス開通~
c0074067_21215040.jpgサヌールからクサンバ辺りに抜ける予定だった、海岸線を走るバイパスがようやく開通したようです。

全長のほぼ半ば辺りで工事はストップ、遅々としてその工事は進まなかったのですが、ようやくその開通をみたようであります。






c0074067_21185967.jpg
ということで、早速バイクでぶっ飛ばしてみましたヨ~!。





c0074067_21314745.jpgバイパスの途中に架かる橋の下、極貧の集落があるのを発見しました。

ある人は、この地帯に道路を貫通させるが為にその工事は遅れた、との噂話を説く人もいます。




c0074067_21364899.jpg手前に見える建物が、この地のワルン。
「アクア(水)」等が並べられているのが見えます。

ほんの少しの雨で水没してしまいそうなくぼ地です。




c0074067_21392634.jpgフルスロットル・時速約60kmで我がbaik2号(レンタルバイク)は軽快に走り抜けます。


・・・とそこに、やはり出来立てバイパスを軽快に疾走していたであろうトラックが、走行車線を守れなかった姿を見かけました。




c0074067_2146511.jpg次々に野次馬が集まります。
積荷は車体がバウンドして、辺りに飛び散ってしまったようです。

しかし、幸いにも運転手に怪我は無かったようです。





c0074067_21474611.jpgおまけにこの運転手、次々に集まる野次馬に、自分はどのようにしてここに突っ込んだかを自慢げに説明しておりました。






c0074067_21562446.jpgこの信号がサヌールから来た最終地点。
ここで旧道と合流します。

以前はクサンバ方面へ抜けるのに、クルンクンの市街地を通らなければならなかったのですが、このバイパスのお蔭で以前の半分ほどの時間でクサンバ村に到着することが出来るようになりました。



皆さまも一度、この悲願の?バイパスを疾走されてはいかがでしょうか?。





でも車高の3倍もあるような荷物を積んだトラックが、傾いでフラフラ・ヨロヨロと
たくさん走ってますからご注意あれ・・・!。
c0074067_2215214.jpg

[PR]
by baik2 | 2006-11-15 22:24 | ブログ | Comments(10)
『蜻蛉日記』
【なほものはかなきを思へば、あるかなきかの心ちするかげろふの日記といふべし】



それは年に数回訪れるという、はかなき夜の逢瀬。

夕刻の雷鳴を合図に、数万、いや数百万という単位で一夜限りの逢瀬を重ねる。


それはこれ・・・

c0074067_23173569.jpg蜻蛉(カゲロウ)の大発生です!。

画面では大したことが無いように見えますが、これはこの日の終盤の画像です。

盛期の時間(約2時間程)は村全体がこのカゲロウで覆われ、街灯のある小道では視界ゼロの状態に近くなります。
また、道に落ちたカゲロウでスリップ事故が起こります。
それはさながら“ヒッチコック”の映画「鳥」のようなのであります。


カゲロウといってもバリ島のそれはとても大きく、日本のトンボ程の大きさがあります。
このカゲロウが、ある日突然と大発生するのです。


こんな時は部屋に立てこもり、彼らの逢瀬が遂げられるのを待つしかありません。
しかも扉の隙間から入り込んでくるので、部屋の明かりは点けられないのです。
もうこの「嵐」が過ぎ去るのを、ジッと待っているしかないのです。


しかしそんな最中、嬉々としてお外を闊歩している“あるお方”を発見しました。

それはこのお方・・・
[PR]
by baik2 | 2006-11-12 23:54 | インドネシア | Comments(12)
~嘆きの壁~
★イスラエルのジョーク噺★

あるユダヤ人がアメリカからイスラエルへ巡礼に来た。
空港に着くなりタクシーに飛び乗り、“嘆きの壁”を目指そうとした。
しかし咄嗟にその名前を忘れてしまった。

そこで運転手にこう告げた。

ユダヤ人「おい!、ユダヤ人がみんなで泣くところがあるだろう。確かエルサレムに
      あると聞いてきたんだが・・・そこまで頼む!」
運転手 「まかせてくれ!」


果たして・・・着いたその先は「国税庁」だった。


☆☆======================================☆☆


c0074067_230244.jpg
モンキーフォレストには敬虔なおサルさんたちがいるようだ。

隣りのサルを押しのけ、この壁に向かい、何やらペロペロと・・・






ん? お祈りしてんじゃないの?






実はこのおサルさんたち、壁に向かいお祈りをしているのではなく、
この壁から染み出てくる「ミネラル分」を舐め取っているようなのだ。

お蔭で「舌」の届く範囲はコケが剥ぎ取られて、ブロックはピカピカだ!。






「オイ!? そっちはどんなモンキー?」

「ここもだめだモニャ!」

「もっと上の方なら旨いんじゃないキッキ?」

「イヤァ~ あそこは昨日オイラが舐めてダメだったんだモンキー!」

「ウッキィ~・・・最近味がしなくなったなぁ~・・・この壁も・・・!」







どうやらおサルさんたちの ”嘆きの声” が聞えてくるようであります・・・
[PR]
by baik2 | 2006-11-08 23:32 | インドネシア | Comments(8)
~農夫の踊り~
さぁ~て、今宵は「渡バリ病棟」のぱうだー&こぱうだーさんと
          「Bali を想いながら」のはるららさんトコにTBです!?。



知る人ぞ知る、プントゥユン村で行なわれる「SUARA・SAKTI」のジェゴグ公演。
その中の演目の一つ「農夫の踊り」は、事情を知るその筋の方々?には、密かに
バリ島の「欽ちゃん劇団」、と呼ばれているとかいないとか・・・。(笑)

欽ちゃん踊り?を未体験なお方のため、そのサワリだけですがUPを試みました。

どうぞそのユーモラスな踊り、そしてそのバラバラさ加減(笑)をお楽しみください。



c0074067_16311597.jpg
             ※↑画像をクリッックするとビデオが始まります。
               ポップアップ・ブロッカーは外してネ!?。
               「Ctrlキー」+クリックでもO・K。
               ボリュームをONにしてお楽しみください。

[PR]
by baik2 | 2006-11-06 16:32 | 芸能・伝統 | Comments(22)