<   2006年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧
オリジナル切手
インドネシアで「オリジナル切手」が作れるんだそうです。

新聞の記事によれば、ジャカルタから始まったこのサービスが、
現在ではデンパサールの郵便局でも利用できるらしい。
c0074067_23504010.jpg
↑クリックすると大きくなるよ。


今度、記念品として作ってきてみたいと思います。



日本はそういう面で遅れてるなぁ~(お堅いなぁ~)・・・と思っていたら・・・

ありましたよ・・・、同様のサービスが!。
c0074067_23563226.jpg
ヤルなぁ~郵政公社!!。

あなたもご自身やご家族、ペットなどが写ったオリジナル切手はいかがでしょうか?。

[ゆうびんホームページ]
[PR]
by baik2 | 2006-03-31 00:10 | インドネシア | Comments(2)
MURNI’S WARUNG
チョット似てますが「NURI’S WARUNG」ではありません。

c0074067_23545665.jpg



c0074067_014235.jpgチャンプアン橋のスグたもとにあります。





c0074067_2356979.jpg1階にはお土産屋さんがあります。
食事前or食後にひやかすのも良いかも・・・。

ここは渓谷沿いにあるため、階段を下に降りていきます。
中階で室内テーブル席等がありますが、ここはなんといっても最下階の外席がお勧め。




c0074067_082738.jpg定番のお料理と、落ち着いた雰囲気が相乗して、楽しめるレストランの一つ。

昼間、渓谷を眺めながらのランチも良し。
夜にライトアップされた渓谷の木々を眺めながらのディナーもまた良しなのであります。


但し、夜には虫除けの対策をお忘れなく!!。

どうぞ素敵なひと時をお過ごしくださいませ・・・
[PR]
by baik2 | 2006-03-30 00:21 | 食べ物 | Comments(12)
お花見
ボクも参加しましたnya (*^・・^*)






もう飲めにゃい・・・
[PR]
by baik2 | 2006-03-29 22:46 | 天声猫語 | Comments(12)
ことわざ
どの国にも「ことわざ」がありますよね!?。

@タイでは
「ネコがいないとネズミが喜ぶ」=>「鬼のいぬ間に洗濯」かな?。

@台湾では
「目がシジミの肉で塞がった」=>「恋は盲目」が適当かな?。
                     (ことわざじゃない?)
etc・・・



=問 題=
下記の「インドネシア語のことわざ」を、「日本のことわざ」で表現しなさい。


Q1.Buah jatuhnya tak akan jauh dari pohonnya.
   (実は木から遠くない所に落ちる)

Q2.Bagai membuang garam ke laut.
   (塩を海に捨てるが如し)

Q3.Mulutmu adalah harimaumu.
   (君の口は君の虎である)

Q4.Nasi sudah menjadi bubur.
   (ご飯は既にオカユになった)

Q5.Seperti kera mendapat bunga.
   (猿が花をもらったかのようだ)

Q6.Menangkap gajah liar dengan gajah pula.
   (野生の象を象で捕まえる)

Q7.Bagai air di daun talas.
   (タロ芋の葉の水のようだ)

Q8.Masuk kandnag kambing mengenbik,
      masuk kandang kerbau menguak.

   (ヤギ小屋に入ってメーと鳴き、ウシ小屋に入ってモーと鳴く)

Q9.Seperti bumi dan langit.
   (まるで地と空のようだ)

Q10.Sudah jatuh tertimpa tangga pula.
   (ハシゴから落ちたところに、またハシゴが落ちてきてぶつかる)

=答え=
[PR]
by baik2 | 2006-03-28 21:03 | インドネシア | Comments(14)
ニュピ
今週30日はニュピ(バリ島の新年)ですね。
お出掛けになるお方、もうお出掛けになっているお方も多いかと思います。


バリには、ウク歴とサカ歴の2つの暦があり、一年の穢れを払い浄めるサカ暦の
最大の祭儀がニュピです。
(昨年は3月11日でした)

ニュピは、バリ語のスピ(sepi=静かな)が語源だそうです。
「静寂の日」とも言われており、その日は家で静かに過ごし、悪霊が立ち去るのを
瞑想して待つそうです。

この日は、次のいかなる活動もしてはいけません。

 @火を使うこと。タバコも料理も禁止。
 @灯りをつけること。テレビ・ラジオも禁止。
 @仕事をすること。電話も禁止。
 @外出禁止。
 @娯楽・殺生・H禁止。

当然に空港もその営業は止まり(トランジットは例外)、バリ島にいる全ての人に
(ヒンズー教徒以外にも・観光客も例外ではない)この禁止事項を義務付けるという、
世界でも珍しい祭事だそうです。



今回は体験する機会を逸してしまいましたが、次回にはそのバリ島全約320万人が
「静寂を守り・瞑想をする」という日を体験してみたいと思います。



今日は画像が何もありませんので・・・

   ↓  
 

本日のオマケ
[PR]
by baik2 | 2006-03-27 23:07 | インドネシア | Comments(8)
又吉☆今年25歳
猫のお話しにはと~ッても敏感なワタシ。

「マレーシアのネコ☆コレクション」を披露されている「Kesayangan!」の
carambolaさんにTBしながらお話しをしましょうか・・・。

★----------------------------------------------------------------★

記事にある「昭和を代表するネコと言っても過言じゃない(笑)」「ナメ猫です!」、との
紹介文を「そういえばナメ猫って懐かしいよなぁ~」、と思いながら読みました。

この記事を読んだ翌日、偶然にもなんとその「なめねこ商品」を発見したのです。


歓喜のあまり、小躍りしてレジに運んだのは言うまでもありません。
c0074067_22593493.jpg




中身はこんな感じ。
「なめねこシール」と「「イチゴラムネ」入り。
c0074067_2313841.jpg




更に拡大すると・・・
   ↓

又吉の正体
[PR]
by baik2 | 2006-03-27 00:02 | 天声猫語 | Comments(10)
[お酒バトン]
春の陽気に、ついウトウトしていたら、なんと「harapのメエ嬢」から[お酒バトン]
頂いてしまいました。

お酒だけに、サケて通れないと覚悟いたしました。



実はワタシ、基本的に飲めないんです・・・・



・・・いっぺんに 二升は・・・!?。(^^;


★Let's GO!-------------------------------------------------------

 ◎酔うと基本的にどうなりますか?

   =>陽気になります。
      陽気過ぎて、妖気が出るくらいHighになります。

 ◎酔っ払った時の最悪の失敗談?
  
   =>あれは二十歳を過ぎた高校生の頃(?)でした。
      (お酒は二十歳になってから!)
      今で言う「合コン」に誘われました。
      自宅から少し離れたお好み焼き屋さん(かわいいッ!)が会場でした。

      当時アイドル的な女の子も来ており、気分は最高潮!!。
      飲めや!歌えや!、そして焼けや!の大騒ぎ!?。
      ♪イッキ!イッキ!のコールは果てしなく続くのでした。
 
      二十歳の高校生のくせして、いつしかベロベロに酔っ払ってしまいました。

      その日は二十歳の高校生の専らの足、チャリンコ。
      帰りは止せばいいのに、フラフラになりながらも・・・、乗りました・・・チャリ。

      この後どうなったかは、もう皆さまのご想像の通りです。

      

      


      そう ドブに落ちました、チャリのまま・・・

      
      思えば、あのまま永遠の眠りにつかずにホントに良かったです。
      

 ◎その時どれだけ飲んだ?

   =>まさに浴びていた、と思います。

 ◎ 最悪の2日酔いはどんな感じでしたか?

   =>激しい頭痛で、頭が身体にくっついていることを恨みました。
      (頭を取り外したいほど)
      丸一日以上、水しか受けつけませんでした。 

 ◎ 今、冷蔵庫に入っているお酒の量は?

   =>いま大震災が来ても、二週間はそれだけで生き延びられると思います。

 ◎ スキな銘柄は?

   =>最近はもっぱら焼酎です。
      銘柄はこだわりません。

◎ 最近最後に飲んだ店は?

   =>「埼玉屋」JR京浜東北線「東十条」徒歩5分
      おやGの溜まり場なのです!。(笑)

◎ よく飲む、または思い入れのある5品?

   =>楽しく・美味しく飲めればなんでもござれ!。

◎ ジョッキをまわす人

   =>・お酒といえばこのお方「kesayangan!」の鯔嬢。

      ・実は大酒豪では?、と専らのウワサの「がんもどきのがんも」の仁子さん。


無断転送ご容赦下さい。
お暇な節、お付き合い頂けましたら幸いです。 <(_ _)>
[PR]
by baik2 | 2006-03-26 11:44 | Comments(8)
出家
「もうダメね・・・ワタシたち・・・」
「これほど言ってもダメなのか?・・・」

「アナタはアナタのままでいいのよ!・・・このままで・・・」
「そうは言っても、二人で続けてきたんじゃないか!?・・・」


「でも、いつもアナタだけだったのよ・・・そう一人で・・・」
「そんなつもりはなかったんだけど・・・気がつかなかったよ・・・」


「ワタシはワタシで別の道を歩むわ・・・」
「そうか、これほど言っても気は変わらないんだね・・・」


「でも時々帰ってくるわ・・・アナタ一人だと心配だから・・・」

「ありがとう・・・」
「キミはキミの甘い世界を歩むと言うんだね!?・・・」


「そう!ワタシには甘い世界が待ってるの・・・」

「たまには訪ねて来てくれたら嬉しいわ・・・」
「たまにだなんて、二人はいつも一緒じゃないか!・・・」


「ワタシはここ→  にいるから・・・後で訪ねてきてちょうだいネ・・・」


♪ギィ~☆バタン!!


↑書置きを残し、カミサンは出て行った・・・



♂二人の行く末、どうか温かい目で見守って頂けたら幸いです。 m(_ _)m
[PR]
by baik2 | 2006-03-23 23:05 | Comments(14)
バトン「LOVE」
チョイとお出掛けをしていたら、「てぃてぃあんのひとり言」ふふさんから、
「おやGなLOVE」(勝手に題名変えるなッて!?)というバトンを頂戴しました。


遥か遠~い昔のこと故、長男モン(超難問で変換したら出てきた)なのであります。

でもコレを乗り越えない限り、ブロガーに明るい未来はやって来ないのであります。(笑)


♪START=3


異性から言われてドキドキした言葉・行動

  =>「救心飲む?」   ・・・  心臓がドキドキしたのであります。


★幸せに欠かせないものって何?

  =>あるお方が 「人間が不幸なのは、自分の幸せに気がつかないこと」 と
     言っております。
     ・・・なので、欠かせないのは「物」ではなく「者」。
     「人」の心持ちであったり、気持ちであったり、感謝であったり・・・。

     “気は持ちよう”で、「今は幸せだ!」と思う、思っていることでしょうか?。


★こんな恋愛したい

  =>その昔こんな・・・

     南イタリアのシチリアで、バカンスに来ていた一人のアメリカ人女性と
     知り合った。
     偶然にも彼女は、彼が働いている外資系企業の社員だった。     
     会話は弾み、打ち解けた若い二人は、すぐに恋に落ちたのです。  

     紺碧の海と真っ白い壁の建物群。
     この眩いコントラストの中、二人は溶けいるような甘美な時間を過ごす。
     いつしかこの恋は、愛へと変わっていくのでした。

     見つめあった互いの瞳に、お互いの姿のみを映したまま、ここカポ・タオルミーナ
     の夕暮れは、群青色へと移ろっていくのでした。


     ・・・という所で夢から覚めました・・・!!。
      
     
     
★pinkな恋と聞いて思い出すことは?

  =>ピンチな恋はあったかもしれませんが・・・。
     それ以外心当たりはありません。


★ダメ男・ダメ女の見分け方

  =>・ダメ男(電車の中でも何処でも「クチ」を開いている人。鼻から息が出来ないで、
           口で息をしている男。つまり、ここゾって所で力が入らない。歯を食い
           しばれない。)
     ・ダメ女(電車の中でも何処でも「化粧」する人。羞恥心が無いってことは、斟酌・
           他人を慮るってことが出来ない証拠。)


★こんな言葉を言ってみたい・言われてみたい

  =>・言ってみたい  (♂ワタシを幸せにしてッ!?)
     ・言われてみたい(♀アナタを幸せにしてあげるわ!!)


★次にバトンを回す人

  ・現在熱~いタイの話題を振りまいている「飴ちゃん日記」のameさん。

  ・♪陶芸人間~皿割る~皿割る~の「harap」のメエさん。


無断転送、ご勘弁ください。
よろしければ、お暇な時にお付き合い頂ければ幸いです。

よろしく~ (^_^)/~~~
[PR]
by baik2 | 2006-03-22 00:58 | Comments(8)
Tepi Sawah Restaurant での出来事
ウブドにある「テピ・サワ・レストラン」はかなり上級系?のとても素敵なレストラン。

ある日、このレストランで団体さんを迎えることになり、その歓迎セレモニーに
常宿(スワスティカ)のある「テバサヤ村」の楽団が演奏を担当することになった。

常宿のBapakは<<Rindik(リンディック /ティングリック)>←※音が出ます>の
名手。
誘われて、その会場に連れていってもらいました。

c0074067_21192419.jpg食事場脇に設えられた演奏台。
(一番左がBapak)

本日の団体さんは、台湾人のご一行様だとのこと。
Bapak曰く、あの人たちはあまり好きではないという。






c0074067_21222746.jpgちゃっかり舞台脇、特等席に陣取るカミサン。
演奏&踊りをリハーサルからカブリツキで観賞。





<18:00>
いよいよ団体さんを乗せた「BIS PARIWISATA(ビス パリウィサタ)=観光バス」が
到着。
Bapakたちの演奏が始まる。

この間、何故か無言で席に着くお客さんたち(年配の方がほとんど)が気にかかる。


一曲目の演奏が終わるが、皆さん拍手一つなし。
我ら二人の空しい拍手が響くのみ・・・。


やがて可愛らしい少女二人の「ペンデッ(ウエルカム・ダンス)/神を歓迎し、感謝を表現
している。ボゴールというお盆を持って、花びらを振りまく踊り」が始まる。

c0074067_21385643.jpg
少しすると、何やら様子がおかしいことに気がついた。

それは、とあるご婦人の飲み物の中に、花びらが入ってしまったようだった。
これを見た別のご婦人が、腕で食べ物を覆い隠し、踊っている少女たちを
「アッチいき~や!」と追い払い始めたのである。




・・・ん?。
「アッチいき~や!」???。
どこかで聞いたことのある言葉である・・・。



その後も、放たれた花びらを執拗に払いのけるオバサマ。
そしてまた、「エエカゲンにしなさい!」との追い討ち。




・・・間違いない!!

そう、ご一行様は「真正・関西系おばチャマ軍団」だったのである。


少女たちの踊りが一段落ついても、やはり誰一人として拍手する者はなく、
続く、お客さんを招き入れて一緒に踊るダンスに、酔っ払ったオヤジが乱入。

そして、このお方を引き金に、一気に場は乱れた!。




なんと!その殆どのお方が、盆ダンスを踊り始めたのである。

バリの音楽を伴奏に、皆一様にあの盆踊りのステップを踏んだのである!。
まるで何かにとり憑かれた新興宗教集団の儀式であるかのように・・・。





ワタシたちはもう顔面を真っ赤にし、早くこの場が終わって欲しい、
早くここから立ち去りたいと願いながらも、ただただ下を向いているしかなかった
のである。


食い散らかされ、汚されたテーブル。
酔って振らつき、コップを割るオヤジ。
踊りや演奏に全く関心のない方々。

Bapakたちに拍手するわけでもなく、
踊り子さんたちを褒める訳でもなく、
レストランのスタッフに礼を言うわけでもなく、
嵐(荒らし)のように通り過ぎて行った「日本人・団体さん」たち。


一緒に帰る時、「これだから台湾人は好きじゃなんだ!」、とのBapakの一言。
胸にグサリと刺さりました・・・。

心の中で、スタッフの方々、Bapakや楽団の方々、台湾の方々にお詫びしたのでした。


☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~

※本文中の表現において、関西のご婦人を揶揄・差別する意図はございません。
 念の為申し添えておきます。m(_ _)m

本日のおまけ
[PR]
by baik2 | 2006-03-19 23:04 | Comments(14)