カテゴリ:天声猫語( 432 )
エキュート日暮里
c0074067_028973.jpg
エキュート日暮里で猫の日イベント

[PR]
by baik2 | 2015-02-14 22:22 | 天声猫語 | Comments(2)
みんな猫から学んだ
c0074067_22381822.jpg
The Huffington Post

村上さんのところ
[PR]
by baik2 | 2015-02-09 22:22 | 天声猫語 | Comments(0)
猫民党 政見放送


c0074067_2355496.gif
必ず投票しますnya♪

[PR]
by baik2 | 2014-12-12 22:22 | 天声猫語 | Comments(0)
「にゃんこはうす写真展」
c0074067_22495719.jpg


くるねこ大和
[PR]
by baik2 | 2014-12-12 12:12 | 天声猫語 | Comments(0)
四十九日がんも
c0074067_21244032.jpg
台風11号からもたらされる驟雨の合間を縫い、「がんも」の忌明け法要
(参り)に出かけてきました。


c0074067_21282863.jpg
やすらかなる成仏を願い、香華と祈りを捧げてきました。



c0074067_21461089.jpg
人間様のお墓は寂れた感が否めないものの、動物霊園には参拝者が絶えません。
いつもたくさんの香華と供物が供えられております。

多くの墓仲間?みんなの成仏を祈念しました。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



c0074067_2235285.jpg
c0074067_224483.jpg
その後は蕎麦屋で精進落としです。

湯葉刺しとそば豆腐の冷奴で献杯してきました。




c0074067_228029.gif

[PR]
by baik2 | 2014-08-11 10:36 | 天声猫語 | Comments(6)
みんな生きている ~飼い主のいない猫と暮らして~
c0074067_22291549.jpg

映画 みんな生きている 飼い主のいない猫と暮らして
[PR]
by baik2 | 2014-08-01 22:22 | 天声猫語 | Comments(2)
謹 告
c0074067_23442.jpg

かねて病気療養中でありました我が家の愛猫『がんも』が
平成26年6月24日(火)午前、「永眠」致しました。
ここに謹んでお知らせ申し上げます。

拙作ブログをご愛読くださる皆様方。
そして、生前『がんも』の日常や体調の変化などには温かいお言葉・
お気遣いの優しいコメントをくださった方々には衷心より厚く御礼を
申し上げます。
誠にありがとうございます。







早朝、投薬を終え暫くした後、容態の急変に気が付き抱き上げようと
しましたが、嫌がる素振りを見せましたのでそのまま病床に戻しました。
頭を私の左手にのせ、徐々に冷えてきた四肢を右手でさすり続けました。

いよいよというその時、今生最後の空気を味わうがごときに一度大きく
深呼吸をして、その息をゆっくり吐き出すとそのまま静かに腕の内で
息を引き取りました。
ターミナルケアでしたので蘇生処置は行いません。
ペインコントロールが効いていたのか、穏やかな最期でした。

対光(瞳孔)反射を確認の後、そっと瞼を閉じてやり、
「お疲れさま」・「18年間をありがとう」、と手を合わせました。

それから体を清拭し、最後のブラッシング・毛づくろいを入念に行い、
急ごしらえの祭壇を設けて安置、たくさんの香華を供えました。
その夜、慈しみ撫で続けて通夜を営みました。

翌日午後、遣らずの雨さながらに雷鳴轟く豪雨のなか出棺、
火葬場霊安室に一晩安置された翌午前、荼毘に付されました。







捨て猫だった『がんも』を拾い、助けてあげたつもりでいた私でしたが、
この18年間、逆に私は幾度も助けられ、そして救われてきました。

「ペットは家族の一員だから・・・」、などとよく言われます。
がしかし、親兄弟よりも長く、片時も離れることなく共に暮らし、
家庭を築けなかった私にとっては「家族の中心」だったのです。


『がんも』・・・
18年間を本当にありがとう。

キミとボク Ver.2

KIMI TO BOKU キミとボク 2011 - YOU & ME - IO & TE (JAP Sub ITA)




最後に一つだけ訊き忘れたことがあります。

それは・・・
もし、もしも互いに生まれかわることが出来るとしたら、
もし、それが互いに「猫」と「人間」だとしたら、

ねえ、『がんも』!?
また、私の元に来てくれるかい?






最愛なる我が愛猫『がんも』に捧ぐ・・・
[PR]
by baik2 | 2014-06-27 02:22 | 天声猫語 | Comments(16)
ターミナルケア がんも
c0074067_20163131.jpg
[二週間ほど前のお姿]

粗相をし、干された自身の(介護)ベッド
(実は飼い主が謹呈したせんべい布団)を
所在無さげに見つめている『がんも』。
時既に筋萎縮が進み自力歩行は困難を要した





現在、ターミナルケアにある我が家の『がんも』。

今年4月、奇跡的にこの世に生還を果たしたものの、やはりその時のダメージが
多臓器にも大きく及んだものか、既往症が急激に悪化した。
あのアクシデントから一週間ほどで一切の食餌を拒むようになった。

強制給餌・補水を続けたものの、僅か一ヶ月ほどでその体重は半減して
しまった。









これまで幾度となく生命の危機を脱してきた『がんも』。

がしかし、今や廃用症候群、こと筋萎縮・関節拘縮や括約筋障害
(便秘・尿便失禁)を発症しており、病院にすら連れ出すことが難しく
なってしまいました(痛々しい)。

獣医師と相談の上、飼い主との問診、または持ち込んだデジカメ画像
の診断によるペイン・コントロール(疼痛管理)のみを続けています。
今や自宅はペットシーツを床一面に敷き詰めたホスピスとなっております。




ここ一ヶ月半ほど、飼い主もこの介護で3~4Kgほど痩せてしまいました。
父親の約3年間の介護の時よりも、物言わぬペットの方がキツイ気がします。

一昨日、電話で処方をお願いしていた薬を受け取りに病院へ行った際、
獣医師に、”少しやつれたよね!?” ・ ”飼い主さんの方こそ大丈夫?”、と
ペットではなく人間の心配をされてしまいました。













18年間、生き続けた命。
もう来月、いや、来・・・までの命は難しいでしょう。

でも、取り敢えず明日まで生きてほしい。
そして、明日生きたのならまたその明日も生きてほしい。
そして、その翌日も
そして、その翌日も・・・









本当は猫の日恒例(?)のタイトル「22day」の投稿にしようと
思ったのですが、夢寐にも忘れない、この18年間を観想しつつ
今宵筆(?)を執りました・・・
[PR]
by baik2 | 2014-06-20 22:22 | 天声猫語 | Comments(8)
千束ねこまつり
c0074067_2534890.jpg


c0074067_254743.jpg


c0074067_254194.jpg


千束ねこまつり

猫パンチTV Express
[PR]
by baik2 | 2014-06-19 06:22 | 天声猫語 | Comments(4)
NNN ドキュメント’14
c0074067_205823.png

「猫たちの命をつなぐ 殺処分ゼロをめざして」

[PR]
by baik2 | 2014-05-14 20:22 | 天声猫語 | Comments(0)