2007年 02月 08日 ( 1 )
ウブドな老舗「UBUD RAYA」
今回の渡バリで、ある事件が勃発した。

今になって思えば、それは起こるべくして起こったように思う。


それは、今までに経験したことがないような「バリっ腹」だ。

しかも二人同時に!。

カミサンは高熱に浮かされ、“焼肉のタレだけで丼飯を平らげる”という幻覚まで見る始末。



持参したクスリと、熱さまシートでその場を凌ぐが、みるみるうちに体力は落ちていき、
いつしか二人の会話はあえぎ声(変な声の方じゃありませんヨ)に変わった。




これではイケナイ!

何か体力の回復するもの、何か精のつくものを摂取しなくてはいけないのだ・・・。

かといって、ココナツ油の効いたバリ飯は今の身体では到底受け付けそうにもない・・・。





・・・とそこで思いついたのがココ!、日本食の老舗「UBUD RAYA」さん!。
c0074067_17313444.jpg

ubudメイン通りに5年、ここハノマン通りにお店を移して15年、日本人移住の先駆者、
ジャワ人の夫を持つ「荒海 とし子」さんのお店だ!。


c0074067_17435153.jpg
店内は明るくて清潔。
NHKが観られます。



c0074067_17444187.jpg
外でお茶のできるスペースもあります。



c0074067_17461126.jpgここでのオススメは「冷やし(温もあります)うどん」かな!?。
大根おろし&ワサビが、まさに泣けてきます・・・。

「納豆おろしうどん」なんてものもあり、その他「丼モノ」など各種日本食のメニューを取り揃えてあります。






c0074067_17525380.jpg
ということで、ワタシが迷わず選んだのがコレ!。冷やしうどんです!。

打ちのめされた身体に、ツルツル・シコシコ入っていきます。
久しぶりのワサビの“ツ~ン!”が、ワタシの脳の一部を刺激し、
それがまた内臓に指令でも送ったのか、五臓六腑・後方援護隊から 
“もっとうどんをよこせ!”
の声が聞えてきます。



カミサンは目の前で、「親子丼」をまるで三日三晩エサを食べていなかった野良猫
のように、“フンガァ・フンガァ”言いながら無心にパクつき、完食です。

なので「親子丼」の画はありません・・・。




これを機に、二人とも元気を取り戻したのです。
c0074067_1817288.jpg
ありがとう「UBUD RAYA」!。


c0074067_1816111.jpg
ありがとう「とし子さん」!。



皆さんも一度、「UBUD RAYA」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
笑顔の素敵な“とし子さん”が、あなたを優しく迎えてくれますよ。


[UBUD RAYA(ウブド ラヤ)]
Jl.Hanoman.Pd.Tegal.Ubud(プラマ社のすぐ隣り)
Telp(0361)975036
月曜定休


本日のbahasa INDONESIA
[PR]
by baik2 | 2007-02-08 18:46 | 食べ物 | Comments(20)