『Hanya semalam tontonan di Amed 5』
まだ出発もしていないのに、随分と疲労感が漂うこのシリーズ(笑)。
今しばらくの辛抱です。
寝てはイケマセン。
そこで寝てはイケナイのです・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Hanya semalam tontonan di Amed(ワン・ナイト・ショー at アメッ(ド))
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


えッえぇ~~~ッ!?。

聞いてないよぉ~~~!?。


ただでさえもうバリ人気質で満腹状態?なのに、更にもう一人バリ人が増えるって!?。



もう勘弁してくれよぅ~・・・



━━Part.5━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



デワの自宅は仕事場のすぐ近くだった。
すぐさま荷物をまとめ、その舎弟(仮にゲデと命名しよう)宅に向かう。

ゲデの自宅は、スクマ通りに面する、かなり大きく立派な建物だった。


ヒョイヒョイっとデワはゲデに家の中に入り、彼を呼んできた。

すぐに姿を現した彼は、小柄ながらイケメン風の面持ち。
でも、釣りに行くというのに彼の荷物は、彼が手にしたギターひとつ。

やれやれ Orz=3



互いに軽く自己紹介を済ませ、これで準備完了。
かくして、ワタシは4時間を費やし、ようやくここまで辿り着いたのでした。



さて、これから向かうは一路Amed。

妙な組み合わせの野郎四人を乗せたポンコツ車。
果たしてAmedへは、素直に辿り着くことが出来るのだろうか?。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




♪Oh, Tuhan tunjukkanlah dosa
 dan salahku
 Mudahnya dia buat janji
 Semudah dia ingkar janji
 Alangkah kejamnya cinta
 Oh, alangkah pedihnya ~

ズンチャカ チャカチャカ ズンズンズ~ン♪


           




バリ人は陽気だ。
南国の人々特有の明るさがある。



でも、ワタシは彼ら三人に付いてはいけない。




それは走り出して僅か50m程。
ゲデのギターが唸りだした!。
そして彼ら三人の大合唱がいきなり始まったのだ。

しかも彼らは車のACが嫌いなので、4枚の窓ガラスは全開。
まるでこの車だけウパチャラ(お祭り)が始まったのでないか?、と思われるほどの
大音量で走り出したのだ。

すれ違う人々は皆一様にこの車を振り返り、目を丸くしている。



初めこそワタシも手拍子なんぞをして調子を合わせていたのだが、終わりが見えない
絶叫のような彼らの歌声(?)に、ワタシはすぐさま頭痛を覚え、口を閉ざした。

そんなワタシにお構いなく、彼らは彼らの流儀で、絶叫(唱)を続けた。


“早く着いてくれ・・・早く着いてくれ・・・”、とワタシはこう念じておりました。







通常UbudからAmedまで、車で飛ばせば3時間とは掛からないだろう。

ところが、またしてもここに大きな落とし穴があったのだ。

それはこうだ・・・



1.お寺があるごとに停止。彼らは近くでお供えを買い求め、お祈りに行ってしまう。

2.村の娘を見かけると車を停め ナンパ する。

3.何といってもこれ!、彼らは道を知らない



覚えている限り、寺に3回立ち寄り、3度道を間違え、数え切れないほどナンパした。
(※ナンパにはワタシも若干加わったので悪くは言えないが・・・)



こんな事で、一直線Amedに着くわけがないのだ。



ワタシが初めて出会えたAmedの海がこれ。
c0074067_2220297.jpg
♪月がぁ~出たぁ出たぁ~星も~出たぁ~宵ヨイ!。

ドップリと日が暮れてます。






時計の針は午後6時40分。
ここまでの行程、5時間近く。



あぁ~もう釣りする体力なんて残ってないかも~。



さぁ~どうするbaik2!?。







つづく・・・

[PR]
by baik2 | 2008-03-01 22:41 | インドネシア | Comments(12)
Commented by えこ at 2008-03-02 00:37 x
baik2さん、こんばんは!!
いや~っ参った(>_<)
続編いっきに拝見しましたっ!
いやーん大変っ!とか人事でかなりおもしろいけど・・
この場には居たくないな~。
バリ大好きだけど、バリ時間もここまでいくとついていけないよ~
釣りするはずがアメドに着いたのは夜か・・
これってどうなったんですかー。気になるよー(^^;;
Commented by nemigamaco at 2008-03-02 01:35 x
…(^口^;)



そして夜が始まっちゃうわけですか…?

baik2さん

偉いわ
アタシ絶対ムリ…
Commented by giovanni12 at 2008-03-02 09:29
あははっ。
陽が沈んだアメドの海はとてもきれいだけど・・・、目的はこれではないんですよね。
道は必ずどこかに続いています。だから道をすすんでいる限り、迷っているのではなく、ちょっと遠回りなのです。
でも、体力果てそうです。
Commented by titiang2 at 2008-03-02 12:33
baik2さん、お疲れ様ですm(__)m
いやぁ~、道中の絶叫だけでも疲れるのに、いろいろと大変でしたね(笑)
でもでも、もう読みながら爆笑してしまいました(^^ゞ
何度読んでも笑えます~これ。
baik2さん、アメドに夜釣りに出掛けたんですよね?確か・・・?
なんだか、この続きがわかるよなわからないような(笑)
続きがすご~く楽しみですぅ♪
Commented by tidakapa-apa at 2008-03-02 12:48
釣りって夜釣りだったんですかぁ〜★

この調子だと何泊の釣りツアーなんでしょうかね?
続き楽しみにしています・・・
Commented by hinata_1130 at 2008-03-02 20:37
こんばんは~!
やっとアメドの海だ~♪ってもう日が暮れちゃってるー(笑)
車の中のギター持っての大合唱も目に浮かぶようです。
サヌール~ウブドくらいなら我慢できるかもしれないけど、ウブド~アメド
はなかなか厳しいかも・・・^^;
またまた続きも楽しみです~!
Commented by baik2 at 2008-03-02 23:01
☆えこさん、こんばんは。
 続編引き伸ばしで恐縮です。
 でも、どうしてもゴム時間のことを伝えたくて(?)、長くなっております。
 辟易されず、お付き合い戴けましたのなら幸いです。^^

 さてさて、残すは夜釣りしかないのでありますが、どうなりますことやら・・・。
Commented by baik2 at 2008-03-02 23:03
☆nemigamacoさん、こんばんは。
 10:00に待ち合わせても、時間が経てば夜になります。(^^;
 夜釣りなのでありますが、さてさて、どうなりますことやら・・・2。(><
Commented by baik2 at 2008-03-02 23:06
☆giovanniさん、こんばんは。
 ワタシも、どれだけAmedの海を楽しみにしていたことか・・・!?。
 でも現実は↑のようになってしまいました。(泣)

 道を進んでいる限り・・・ですが、行き止まりの道もそれに含まれるのでしょうか?。
 奴ら、迷った2度は行き止まりでした・・・(;;
Commented by baik2 at 2008-03-02 23:09
☆titiangさん、こんばんは。
 イエ!、当初夜釣りのつもりはありませんでした!(笑)。
 結果論として夜釣りになってしまったのであります。(^^;
 今となっては笑い話かもしれませんが、当時は本気で焦りましたよ!?。

 さてさて、結末はいかに!?。
Commented by baik2 at 2008-03-02 23:12
☆tidakapa-apaさん、こんばんは。
 結果は夜釣りになってしまいましたが・・・(^^;
 ネタバレですが、アメドの海からの満天の星、背筋がゾッとするほど
 煌びやかでありましたよ♪
Commented by baik2 at 2008-03-02 23:17
☆hinataさん、こんばんは。
 10:00に待ち合わせて、到着したら日が暮れてました(;;
 ワタシの目論みには無かった事態であります。

 まぁ~でも、アメドの星空を見られただけでもヨシとしようと思います。

 彼ら、どうしてあんなに絶叫(唱)するのでしょうかネ!?。^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 『Hanya semalam ... 『Hanya semalam ... >>