愛別離苦
c0074067_22765.jpg
先日見舞ったばかりの伯母の悲報に触れた。

退院したばかりだったので、その時は弱々しく感じられたものの、
受け答えはシッカリしていて、まさかその数日後に他界してしまうとは
努々思わなかった。

おいとまする際、車椅子に腰かけた伯母が縁側ガラス戸越し、
優しく手を振り見送ってくれたのが今生の別れとなってしまった。



大家族に囲まれ、賑やかで笑いの絶えない晩年を過ごしたと聞いた。
遺された家族、孫やひ孫たちをこれからは天国から見守っていて
くださいね。


お疲れさまです。
今までをありがとうございます。

どうぞ安らかに・・・






= 親愛なる伯母に捧ぐ =
[PR]
by baik2 | 2015-05-14 22:53 | ブログ
<< ぼーっと沖縄 名物に美味いもの・・・ >>