CPRがんも
20日夜半、飼い猫「がんも」が心肺停止をした。

腎臓病からくる慢性的脱水症状と二日ぶりのエサ(乾燥おやつ)を食べた
ことにより、気管にエサが詰まり窒息したようだった(正月の餅事故系?)

たまたまその場にいた飼い主の咄嗟のCPR(心肺蘇生法)により、
結果、蘇生して一命を取り留めた(低酸素脳などの後遺症もなし)

・・・なので場面詳細の記述は控えるが、飼い主は心底狼狽した。







結局その晩は一睡も出来ず、翌朝一番、主治医のいる病院へと急いだ。
経過を説明すると、「よくこちら側(<=>あちら側)に連れ戻せたね!?。
多くの飼い主さんは対処が出来ず、そのまま・・・」、との言葉を頂いた。




c0074067_19505281.jpg
腹部エコー検査を受け、腹毛を刈られた事後の姿 037.gif

エコー検査の結果、「左腎」は殆ど機能しておらず「右腎」だけの片肺ならぬ
「片腎飛行」の状態であるらしい。





c0074067_20111.jpg
お借りしてきたシリンジ。
脱水症状とあわせ、嚥下機能も低下してきているので、
飲水回数が少ないようであれば補助給水をするように、とのことだ。












c0074067_2358493.jpg
大盛りの輸液でタプタプの前脚。

三途、ならぬ二途の川辺あたりを視察してきたであろう(笑)、がんも。
キミは六文銭を用意していないのだから、渡るのはまだまだ先にしておくれ~ 042.gif





::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




奇しくもこの翌日にUPされた↓こんな記事を見つけた。

c0074067_20235222.png

愛するペットの危機に備えて覚えておくべき「犬・猫のためのCPR(心肺蘇生法)



ペットのいる飼い主の皆さま。
予期せぬ突然の出来事に対処すべく、↑のような蘇生法を習得しておくのも
必要ではないかと思われます・・・
(※baik2の場合、今回は対人間の救命蘇生法が役に立ちました)
[PR]
by baik2 | 2014-04-22 02:22 | 天声猫語 | Comments(14)
Commented by arak_okano at 2014-04-22 06:54
がんもちゃん良かったがんばった。bike2さん頑張った。素晴らしい猫命救助物語り。いや、大変でしたが、良かった。まだまだ大変かと思いますが、がんもちゃん、川を渡ったらいけないよ。
Commented by tamura_naoki at 2014-04-22 09:57
よかったー!
読みながらドキドキが止まりませんでした。
僕も蘇生法を習得しなきゃ!
Commented by mahaloa at 2014-04-22 13:18
baik2さん、こんにちは!

baik2さん、すごい!!!すごいです!!
がんもクン、良かったですぅ・・・!!
私も一緒に心臓が止まりそうになりました・・・。(T_T)

いざという時に、しっかりと処置が出来るようにしておくことも、家族としての
愛ですね。

がんもクン、お大事にしてね。
Commented by Hulaさん at 2014-04-22 19:54 x
御無沙汰しておりましたが
大変なことが起こっていたのですね
でも戻ってこれて良かったです
baik2さんて素晴らしいですね
わたしは慌ててどうしようって
自分で蘇生なんて考えても見ませんでした
私のニャンニャンも助かっていたのかな~なんてまた思ってしまいました
がんもくンは幸せですね
お大事に
Commented by baik2 at 2014-04-22 21:08
☆arak_okanoさん、こんばんは。
 ありがとうございます。恐れ入ります。
 無我夢中でした。
 六文銭を渡していないので、イヤ、渡さないので川は渡れないと思います
 ≧^^≦
Commented by baik2 at 2014-04-22 21:12
☆tamura_naokiさん、こんばんは。
 ありがとうございます。恐れ入ります。

>僕も蘇生法を習得しなきゃ!
 予期せぬ突然の男♡同士のmouth‐to‐mouthにトキメk (☆_@;)☆ \(`-´メ)

 是非に習得をお薦めします(^^/
Commented by baik2 at 2014-04-22 21:15
☆mahaloaさん、こんばんは。
 ありがとうございます。恐れ入ります。

 あの時は不思議と冷静に手順をふめたのですが、今思い出すと体が震え
 だしてしまいます。
 病気なら抗うことは出来ませんが、事故となれば話しは別です。

 その場面はあっては欲しくはありませんが、ペットが(身近)いる方々には
 是非の心構え・習得をお薦めします(^^/
Commented by baik2 at 2014-04-22 21:17
☆Hulaさん、こんばんは。
 ありがとうございます。恐れ入ります。

 消防署の救命講習を受講していたのが役に立ちました。
 といっても、まさか猫とmouth‐to‐mouthをするとは思いません
 でしたが(笑)。
 
 お陰様で今は寝床でスヤスヤしております。
 しかし、果たして片腎飛行がこの後どうなりますことやら・・・(^^;
Commented by テト母 at 2014-04-22 21:31 x
あ〜〜〜良かった。
ガンモく〜ん、本当に良かったよぉ。
ホントびっくりしました。
これからも気をつけて
もっともっとしっぽが割れるまで
長生きしてね。
Commented by すみれ at 2014-04-23 21:07 x
baik2さん こんばんは
びっくり~~!とっさの対応に感動!感涙!
ガンモ君、引き返してくれてありがとう!
水分補給は大事だから、シリンジ活用して
下さいニャン!応援してるからね(^^)q
Commented by baik2 at 2014-04-23 21:52
☆テト母さん、こんばんは。
 ありがとうございます。恐れ入ります。

 こちら側に帰ってきた瞬間を目の当たりにしました。
 もしあの場にいなかったら?、と思い返すと背筋が寒くなります。

>もっともっとしっぽが割れるまで
 猫又となって、呪われることはないかしらん?≧^^≦
Commented by baik2 at 2014-04-23 21:58
☆すみれさん、こんばんは。
 ありがとうございます。恐れ入ります。

 目の前、突然の出来事でワタシが心肺停止しそうでした(爆)。
 四肢硬直が解け、開いた瞳孔に光が戻ってきた時のことは
 一生忘れられないでしょう。

 愛し愛される生きものたちへの感謝の念を新たにしました。
Commented by Hulaさん at 2014-04-26 00:49 x
前回この記事で心臓が飛び出そうになりましたが
また何かあったかと、心配で
お返事書く前に
飛んできました
ホッ
 
その後如何ですか
毎日不安でしょう?
お大事に
がんもちゃんがんばれ~
Commented by baik2 at 2014-04-26 23:22
☆Hulaさん、こんばんは。
 ありがとうございます。恐れ入ります。
 あの件以来、一段とQOL(笑)が下がってしまったような気がします。

 『生者必滅・会者定離』
 『沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりを・・・』etc.
 飼い主はその時まで、懸命に看守ります♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 『インサイド・ルーウィン・デイ... 瞬間 アジア気分 >>