布団乾燥機がんも
幾星霜、ワタシのしとねとなり馥郁たる“おやG臭”を醸し続けているMy煎餅布団。
それでもたまには布団乾燥機を当ててやれば、これまた一段格上の麗しい香りを
放つようになるから不思議だ。


で、この布団乾燥機を使うと決まって「がんも」が温風圧で膨らんだ布団の上に
ダイブする。
そして、大層嬉しそうにゴロンゴロンが始まる。

がんもには、忌避すべき臭いを感じるセンサーが欠落しているのだろうか。
それとも、永年それに晒され続けた故の胆力というものか。
はたまた、布団の温もりの方がそれを優越するのだろうか・・・







c0074067_1233238.jpg
がんも!、そんなに嬉しいの!?

[PR]
by baik2 | 2013-01-29 22:22 | 天声猫語 | Comments(4)
Commented by slow-foxtrot at 2013-01-30 10:42
baik2さんの匂いがガンモ君には嬉しいのでしょうね(笑)
恐らく、またたび以上だったりして(^^ゞ
Commented by baik2 at 2013-01-31 23:10
☆meroさん、こんばんは。
 >またたび以上だったりして
  どうりで飼い主もクラクラするかと思ったら、この「かほり」のせい
  だったんですね!? <=自己陶酔型・・・Orz
Commented by arak_okano at 2013-02-02 09:06
おはようございます、アラックです。
がんもちゃんの至福の顔にバグースですね、
嬉しいね、気持いいね!!
Commented by baik2 at 2013-02-03 22:41
☆arak_okanoさん、こんばんは。
 がんもがウヒャウヒャしてるのはイイのですが、とうとう飼い主が我慢
 できずに掛け布団カバー&シーツを買い換えました(爆)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< タマがんも 【悲報】中国の「死亡級」毒スモ... >>