「公務」の日常風景
迎え火に、我が家では2匹が帰ってきているようです。
「がんも」にはそれがわかるのか、虚空を見つめクンクンしております。

「あの世」へ渡った、数多くの魂へ。
こと無慈悲に殺められた、その多くの御霊へ祈りを捧げます。




:::::::知らなくてもいいこと・知らなくてはいけないこと:::::::::::::::::::::::::::::


c0074067_20512333.jpgこれは、全国の自治体で行われている「公務」の日常風景である。人間のエゴで安易に飼われ、果てに身勝手な理由で捨てられた動物たちの壮絶な最期であり、飼い主が己の手を汚すことなく行政に尻拭いさせている実態の記録である。現在の飼い主はもちろん、今後ペット飼育を考えている方にも、日本中で加熱しているペット文化の裏側を直視して頂きたい。









[PR]
by baik2 | 2011-08-13 21:45 | コピペ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 盂蘭盆会 東スポ >>