「『頑張って』と言わないで…」
「『頑張って』と言わないで…」被災地からの悲痛な声。
[PR]
by baik2 | 2011-03-20 21:57 | コピペ | Comments(8)
Commented by pome_kuma at 2011-03-20 22:41
わかる気がします・・・。
別なブログで、日常を綴っている記事に、被災者の方が、
「自分たちがこんな目に合っているときに、日本の半分以上は普通の生活を送っているんだ、と感じました。
管理人さんを責めるつもりはありませんが、虚無感に襲われました」
と言っていました。もっともだと思います・・・。
ぽめも、地元のこと、親族のこと、被災者のことを考えると、やっぱり「がんばれ!」と言いたくなってしまいますが、
反対側からみれば、それほど重くつらい言葉はないでしょうね・・・。
頑張りすぎず、この最大の危機を、日本全土で乗り越えていかないと、ですね。
Commented by arak_okano at 2011-03-21 04:13
アラックです。
言葉が無いです。
Commented by SHOKO at 2011-03-21 08:33 x
「頑張れ」って日ごろも何気なく声かけていたりするので
我が身を振り返っています。
Commented by Hulaさん at 2011-03-21 12:17 x
とてもよくわかります
自分たちは我慢をしながら、できることを精一杯やっているのに、その上何を・・・
限界を生きている方々にそれ以上の頑張れは厳し過ぎる言葉だと思いますね
Commented by baik2 at 2011-03-21 13:50
☆pome_kumaさん、こちらにもありがとうです。
 全容が未だ解明されていない今、「がんばれ!」「がんばって!」の連呼
 は確かに言う側は安易な励ましの言葉かもしれませんが、言われる側には
 酷だと思います。
 今は「がんばる」というより、今日を生き抜くのが力一杯の状態では
 ないでしょうか。
Commented by baik2 at 2011-03-21 13:51
☆arak_okanoさん、こんにちは。
 同感であります。
Commented by baik2 at 2011-03-21 13:53
☆SHOKOさん、こんにちは。
 時にがんばらず、今をこの時を認知し、心の奥底で咀嚼して受け止める
 時間が必要なのではないでしょうか。
Commented by baik2 at 2011-03-21 14:00
☆Hulaさん、こちらにもありがとうです。
 例えばマラソンや水泳など、スポーツ競技などでは「がんばれ!」は
 頼もしい応援句かもしれません。
 「頑張れ」は「かたくな」を「はれ」ですから、今の被災地の方々には
 相応しくはない言葉かもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< おなかがいたくなった原発くん 募金情報まとめ >>