♪私にできること


ラジオで流れていた曲・・・。





そのラジオ番組内で、今回の震災で避難生活をしているというリスナー(男性)と
電話が繋がった。


男性 : 悲惨・凄惨な光景が広がるこの地において、「みんながんばって!」などと
      浅慮・生半可な言葉は掛けられない。
      とにかく今日一日、今日一日を生き抜いてほしい。

      夜中には氷点下、厳しい寒さを向かえるこの被災地。
      ガソリンは切れたが、車の中にいる私は幸せです。
      凍えた板床の上、ストーブの灯油も切れ、一枚の毛布で7人が包まり、
      眠れない一夜を明かす人たちがおります。

      どうかお願いです。
      彼らに暖かい毛布を、そして温かい食べ物を与えてください。
      私は車の中に居られるからまだ幸せなんです。
      だから、私なんかより、あの親子、あの年寄り、あの乳飲み子に、
      どうか食べ物を与えてください・・・お願いします・・・。
      どうかお願いします・・・



DJとこの男性との、その悲痛なやりとりにワタシは絶句した。
これが被災地での今、現実であろう。


一秒でも早く救いの手が届き、そこでの辛い生活を強いられている全ての人に、
凍えた身を解かす温かな食べ物と、暖かく安らかな眠りが得られるよう、
願ってやまない。
[PR]
by baik2 | 2011-03-17 23:48 | コピペ | Comments(2)
Commented by mahaloa at 2011-03-18 08:22
baik2さん、こんにちは!
baik2さんのところは、地震の被害は大丈夫でしたか?
まだまだ余震も続いていますから、お気をつけてくださいね。

被災地の方々のお話を聞くと、周りや他の人を気遣う声が多く聞かれ
ますね。
ご自分も大変なのに、周りを心配されて・・・。

何も出来ない私達ですが、節電して節制して、我慢して工夫することの
小さな積み重ねが、復興につながると信じて頑張ります。
Commented by baik2 at 2011-03-18 22:14
☆mahaloaさん、こんばんは。
 お蔭さまでワタシの所はがんもが引きこもりになったくらいで(←一大事!)
 済みました(^^;
 mahaloaさんも引き続き警戒警報を発令されてくださいね。

 大それたことは出来ませんが、今何が出来るかを考えてみたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ~まあるいいのち~ みんなで分け合えば、できること >>