イタリア中部地震
もうDVDが擦り切れるんじゃないか、と思われるほど観ているのが、
日本にも親交が深かったフリーダイバー「ジャック・マイヨール」を題材にした、
『LE GRAND BLEU(グラン・ブルー)』だ。

その舞台となったのがイタリア・シチリア島、タオルミナという町である。


紺碧の空と海、それに映える石畳で繋がれた白塗り・石造りの家々。

あるシーンで主人公たちがスパゲティを食べていた、あのホテルの
あのレストランにいつか行ってやる、と心に誓ったのはこの映画の影響だ。

以来、イタリアに興味を持ち、大好きな国のひとつになった。





そのイタリアの中部、アブルッツォ州地方で今月6日、M6.3の地震が発生した、
というのは皆さまご存知だろう。

がしかし、日本ではその後を伝えるメディアが殆んど無いのが不思議です。



知らないのは致し方ないだろう。
しかし、知ろうとしなければ情報はやって来ない。
知るからこそ人は “判断をする” と思っている。

「無関心」は人間の一番の暴力、という人もいる。




「イタリア中部地震」の惨状・惨劇が一部ここにUPされております。

リンク先に於いて、衝撃的な画像が含まれておりますので、
その先に付いてはご自身のご判断にてお願い致します。

◆イタリア中部で発生した地震の被害の写真
[PR]
by baik2 | 2009-04-11 00:08 | ブログ | Comments(6)
Commented by carambola at 2009-04-11 12:31
う~ん,TVで見た時もそう思ったんだけど
建物に鉄骨が入ってない…
石を積み上げた作りなんですねぇ.

少しでも早い復旧を祈ります.
Commented by cookie_melmel at 2009-04-11 21:39
何十年ぶりの地震だったみたいですからね。
ヨーロッパは地震があまりないから耐震性が弱いのでしょう。

いや、知り合いが来月イタリアに行く予定なので、目に入るニュースは見ていたつもりですが、かなりひどいですね。でも、首相が他国からの救援を断っているようで、それでニュースに上がりにくいのかもしれません。

日本の被災地も忘れられがちですが、今どうなってるんだろう?
Commented by baik2 at 2009-04-11 23:06
☆carambolaさん、こんばんは。
 百年単位の古い建物が多いのでしょうね。
 ほんと鉄骨が入っていない・・・。

 地震大国の日本ですから、明日は我が日本かもしれません。
 現地の一日でも早い復旧を祈ります。
Commented by baik2 at 2009-04-11 23:09
☆cookie_melmelさん、こんばんは。
 そうでしょうねェ~、現地の地震ってあまり聞きませんものね。

 人的な援助を断っているというのも、色々と思惑があってのことでしょう。
 まだ瓦礫の中で救助を求めている人がいるかもしれません。
 少しでも早くの救出を願い、復旧をお祈りします。
Commented by mero at 2009-04-12 17:52 x
baik2さん~こんにちは。
私も、このグラン・ブルーを何度みたことでしょう。
DVDもテープも持ってます。
海の下のブルーの世界!シチリアの自然の美しさと重なって、何とも幻想的な世界ですね。

イタリア中部地震....
ニュースで知ってはいましたが、忙しさにかまけてあの世界を忘れていました。
鉄骨の入っていない建物だったとのこと....被害の大きさが心配ですね。
家族を失ってしまった方たちの、悲痛な面持ち....どうか彼らの未来が少しでも明るいものでありますように....。
Commented by baik2 at 2009-04-12 22:52
☆meroさん、こんばんは。
 Ohh~なんと、meroさんもグラン・ブルーのファンでありましたか!?。
 リュック・ベッソン監督、いい作品を残してますよね。

 世界中で起こっている悲劇。
 まずは知ることから「ハチドリのひとしずく」を考えてみたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 奉加帳 ストーキング >>