彼岸の中日
c0074067_17323641.jpg今どきのペット霊園は人間様のそれより
ゴージャスであります。


人間様の墓前にはお花があがっていなくとも
こちらには献花、お供え等々が絶えることは
ありません。



=合掌=





c0074067_1737266.jpg
お彼岸

ガンモは真西に沈む太陽にキッス☆であります。

[PR]
by baik2 | 2009-03-20 20:03 | ブログ | Comments(10)
Commented by pome_kuma at 2009-03-20 20:47
ぇ!春分の日もお墓参りをするのですね!?知らなかった。
ペット霊園か・・・。ロンがそのときは、考えるかもしれないですね。
うちは、かわいがったハムスターが死んだとき、土に埋めずに、剥製にしました(笑)
内臓をすべて出して、死んでからしばらく冷凍庫で保管し、目玉もビーズに変えられ、きれいな姿で帰ってきました。
ハムスターという大きさも、剥製にできた理由でしたが。
友人などは、「気持ち悪い」といいますが、家族である私たちは、再び戻ってきてくれてうれしかったです。
誰よりうれしがってたのは、いちばんそばにいたロンだったかも。
剥製をクンクンかいで、うれしそうでした。
Commented by N-pipi-N at 2009-03-20 21:49
ペット霊園、ゴージャスですね、うらやましい・・・。
 うちのチコ(犬)はペット霊園ではなく家の庭に遺骨を埋めましたヨ。
 チコが18年間過ごした小屋の下に。
 そういえばチコのお葬式、人間なみに豪華絢爛でした。遺影も置いて。
 お経まで。
 
 ↑ ぽめちゃんのハムスターの剥製、いいな。
   チコも真剣に考えたケド、中型だから諦めました。
 
   春分の日、今日だったのですね(汗)普通に仕事だったので
   忘れていた・・・。
   もう、間に合わないか。
Commented by SHOKO at 2009-03-20 22:11 x
こんばんは。 ペット霊園初めて拝見、そして知りました。
人様と同じ様にペットさんも魂は生きてるんですよね・・。

がんもちゃん、「太陽にほえろ」のキャストに是非って・・
だってもう演技してますよ~ッ
Commented by baik2 at 2009-03-20 23:06
☆pome_kumaさん、こちらにもありがとうございます。
 ヘビであれ、ウサギであれ、ペットとして飼っていた以上家族として感情
 移入するのは無理からぬことだと思います。

>再び戻ってきてくれてうれしかったです。
 そのお気持ち、分かるような気がします・・・。
Commented by baik2 at 2009-03-20 23:10
☆N-pipi-Nさん、こんばんは。
 今やペットは「産業」になっていますよね。
 霊園より18年間過ごした小屋の下が一番の安らかな場所ではないでしょうか。

 >もう、間に合わないか。
  彼岸明けは23日ですから大丈夫ですよ。
Commented by baik2 at 2009-03-20 23:14
☆SHOKOさん、こんばんは。
 今やペットに纏わる諸々、人間勝りなことばかりであります。

 一つの生命に、命は一つづつでありますから。
 全てに感謝しないといけませんね。
Commented by 竹楽器 at 2009-03-20 23:55 x
先代犬テンの遺骨はまだ部屋にあります。昨年亡くなった父の隣にしばらく、というか、父がしばらくテンの隣にいて・・・(父はテンを最期まで呼び続けていたので)。
父も来月お墓に入るので、テンも霊園の共同墓地にと思っています。
Commented by arak_okano at 2009-03-21 07:32
アラックです。
神々しいがんもちゃんですね、バグース。
いつかは別れが来るんですよね!
Commented by baik2 at 2009-03-21 22:42
☆竹楽器さん、こんばんは。
 今頃ご一緒に散歩でもされていますのでしょうか。
Commented by baik2 at 2009-03-21 22:44
☆arak_okanoさん、こんばんは。
 そうですね!?、生者必滅のことわり・・・でしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 春ぢから Hari raya Galun... >>